全国地図>>過去データ(平成17年度報告書)>>

熱中症患者速報タイトルロゴ

はじめに

第1部
14都市における熱中症発生状況

  1. ネットワーク
  2. 地区別患者数
  3. 性別患者数
  4. 性別・年齢別区分別患者数
  5. 覚知時刻別患者数
  6. 重症度別患者数
  7. 発生場所別患者数
  8. 日別患者発生数
  9. 日最高気温出現頻度
  10. 日最高気温と熱中症患者発生数

第2部
資料:都市別解析結果

8.日別患者発生数

 図8に14都市15地区について、5月1日から9月30日までの、毎日の最高気温と熱中症患者発生数を示した(札幌市と仙台市は7月1日から8月31日まで)。発生パターンは地域によりかなりの相違が見られ、例えば、東京や横浜市など首都圏では、6月下旬、7月中下旬、8月初旬、8月下旬と数度のピークが見られる。また、京都市、大阪市、神戸市でも、7月中下旬、8月初旬に患者発生のピークが見られるなど、比較的似通ったパターンを示した。

 図9には、5月1日から9月30日までの累積患者数を示した(札幌市と仙台市は7月1日から8月31日まで)。

図8 日別熱中症患者発生状況(その1)


Topへ戻る

図8 日別熱中症患者発生状況(その2)



Topへ戻る

図8 日別熱中症患者発生状況(その3)



Topへ戻る

図8 日別熱中症患者発生状況(その4)



Topへ戻る