ここからページ本文です

個別分野 熱帯林の減少

研究概要(パンフレットから)

熱帯林は20世紀の後半から毎年1,500万ha余り(北海道、四国及び九州の面積の合計に相当)の割合で減少していると言われています。熱帯林は世界で最も多様な動植物を含む生態系として知られていますが、森林面積の急激な減少による遺伝子資源や木材資源の劣化のみならず、CO2の吸収源の喪失につながるのではないかと危惧されています。

熱帯林の減少と劣化

熱帯林が消失する原因としては、森林から農耕地などへの転換、焼き畑、商業伐採などがあげられます。下図は私たちが研究を行っているパソ保護林および周辺域の土地利用変化ですが1970-1990年代にかけて森林面積は激減し、その一方でアブラヤシやゴムのプランテーションの面積が急激に増加している様子がわかります。東南アジアにおける森林伐採の多くは有用林を選択的に伐採する択債伐が主流であるため、これがこれが森林面積を減少させる直接の原因になることは殆どありません。ただし、伐採のための林道建設、それに伴う土壌流亡、大径木の欠損などにより本来熱帯林が持っている機能や森の形が少なからず劣化することが知られています。

図:パソ保護林および周辺域の土地利用変化
図:パソ保護林および周辺域の土地利用変化

国立環境研究所の取組

国立環境研究所では森林総合研究所、国立民族博物館、京都大学、岐阜大学、自然環境研究センター、マレーシア森林研究所、マレーシア工科大学などと共同で以下のような研究に取り組んでいます(写真:1)。

  1. 人為的かく乱による森林の炭素蓄積機能、多様性保全機能などのエコロジカルサービスへの影響評価
  2. 森林の多様性を評価するための生体指標の抽出技術の開発(ラピットアセスメントの開発)
  3. 土地利用変化によるエコロジカルサービスの変化を予測するためのリスクアセスメントの開発
  4. 地域社会における生態系管理を導入するための基礎研究

これらの研究をもとに森林の持続的管理プログラム(森林認証制度など)を促進・支援することを目指しています。

(写真:1)マレーシア・パソ保護林に設置した観測タワーの頂上部(52m)からみた熱帯雨林の林冠の様子
(写真:1)マレーシア・パソ保護林に設置した観測タワーの頂上部(52m)からみた熱帯雨林の林冠の様子。

サブナビゲーション



フッターユーティリティメニュー