ここからページ本文です

個別分野 開発途上国の環境問題

研究概要(パンフレットから)

経済活動の拡大が進む開発途上国では、しばしば環境保全についての配慮が後手に回ることがあります。先進国の環境保全技術も、地域の状況によってはうまく使えるとは限りません。
国立環境研究所では、アジアの開発途上国を中心に、その地域に応じた環境保全に関する研究を行っています。

開発途上国の環境問題の状況

アジア地域の開発途上国における環境問題は、依然として深刻な状況にあります。工場や自動車交通が集中している主要都市の大気汚染をみると、かつての我が国の公害と同じレベルの高濃度SO2や、浮遊粒子状物質(SPM)が観測されています。また、鉛汚染や酸性雨の被害や越境汚染なども顕在化しています。河川や湖沼水の化学物質(農薬を含む)汚染や富栄養化(有害藻類発生を含む)が進行している一方、廃棄物、水不足や、熱帯雨林破壊も大きな問題となっています。他方、酸性雨原因物質に加え、ダイオキシンや環境ホルモンなど残留性の高い化学物質が国境を越えて影響を及ぼす問題、そして地球温暖化問題など、グローバルな環境リスク問題への対応も迫られています。

生活の基本インフラの不足と環境問題

多くの開発途上国では経済発展が優先される反面、生活の基本となる安全な飲料水や食糧、医療公衆衛生サービスが十分ではなく、このことが環境改善のネックになっている場合があります。中国やバングラデシュ・インドでは、フッ素や砒素汚染による大気や飲料水の広域的な汚染による健康被害が拡大しています。また、中国においては、内陸部砂漠地域からの黄砂粒子発生とエアロゾルの生成・長距離輸送メカニズム、長江(揚子江)における三峡ダム建設による周辺地域の生態系破壊や水資源への影響などが国際的にも注目されています。

写真:冬季の都市大気汚染(中国東北地方)
冬季の都市大気汚染(中国東北地方)

大気汚染による健康影響に関する研究(中国東北部)

アジア地域の一部の都市では、工場や自動車交通が集中により、深刻な大気汚染が観測されています。 しかしながら、その健康影響と予防対策についてはデータや研究が十分ではありません。 研究所は2000年度から、中国東北地方の大都市(遼寧省瀋陽市、撫順市など)を対象として、住民の肺機能検査や大気汚染物質の詳細分析を行い、石炭による冬季の地域暖房や工場からのばい煙、自動車排ガスによる大気汚染の実態と健康への影響を調査しています。


サブナビゲーション



フッターユーティリティメニュー