ここからページ本文です

政策対応型調査・研究 廃棄物と循環型社会

研究概要(パンフレットから)

資源が有効に利用され、廃棄が少なく、そして環境への負荷が可能な限り低減される循環型社会への転換を図ること、そして持続可能な世界の姿を描くことは、我が国にとっても世界にとっても極めて重要な課題です。

国立環境研究所では、廃棄物の発生抑制や再資源化、ヒトや環境に対して負荷の少ない処理等を進めるために、現象解明的研究から対策技術やシステムの開発・評価などの実用研究に至るまで幅広い研究を進めています。特に、2001年4月からは、廃棄物の総合管理と環境低負荷型・循環型社会の構築を重点研究分野の一つとし、政策対応型の調査・研究を積極的に実施しています。

循環型社会への転換策の支援のための評価手法開発と基盤システム整備に関する研究

大量生産・大量消費・大量廃棄型といわれる現在の経済・社会から、循環型の経済・社会へ向けて舵が切られはじめたものの、どの方角を目指し、どこにたどりつくべきかを正確に示す地図や羅針盤はまだできあがっていません。本課題では、さまざまな情報を集めて分析する手法を開発して、循環型社会への針路を見定めていくことを目指し以下の研究を行っています。

第1は、私たちをとりまくモノの流れの現状と問題点を正しく理解するための研究です。マテリアルフロー分析と呼ばれる手法を用いて、経済活動を巡るモノの流れの全体像、とくに、廃棄物処理・処分やリサイクルなど経済活動の「静脈」部分に焦点をあてて情報基盤を整備します。また、マテリアルフローに着目して循環型社会の達成度合いを計測する循環の指標の開発を行っています(図:1)。

(図:1)物質循環の6つの指標
(図:1)「循環の指標」の検討成果が「循環型社会形成推進基本計画」の物質フローに着目した数値目標の策定に活用されました。

第2に、政府、企業、市民など各々の立場からどのような行動に取り組めば、循環型社会の形成にどれだけ貢献できるのかを明らかにするため、ライフサイクルアセスメント(LCA)の手法を用いて真に効果的な「循環」の技術や仕組みを明らかにします。

第3に、地域の特徴を生かした効果的な「循環」の仕組みづくりを支援するため、地域の産業や廃棄部処理・リサイクルに関する情報を統合し、循環資源の発生、流通、利用が地域特性に適合しているかどうかを診断するためのシステムを、地方自治体などと協力しながら構築します。

第4は、リサイクルされた製品の安全性を確かめるための研究です。リサイクル原料に含まれていた物質が、リサイクルによって生産された製品を使用する段階で、環境や人の健康に悪影響を及ぼすことがないよう、安全性確認のための試験手法の開発・標準化に取り組みます。

廃棄物の循環資源化技術、適正処理・処分技術及びシステムに関する研究

再資源化や熱利用等循環資源としての廃棄物の利用を推進するとともに、環境への負荷をできる限り低減化した廃棄物の処分を進めるためには、資源化や処理・処分に関する技術及びシステムを適切に評価し、より一層高度化することが必要不可欠です。

このため、有害な化学物質や二酸化炭素の排出量、費用などを指標として、循環型社会にふさわしい廃棄物の資源化・処理システムを選定するための総合的な評価手法の開発を進めています。また、新たな埋立地の確保が極めて困難になっている現状を踏まえ、埋立地の残存容量を増加させ、延命化する技術や、埋め立てた廃棄物が安定化する状況を適切に診断しつつ、その促進を図る技術の開発に取り組んでいます(図:2)。さらに、生ゴミなどの有機性廃棄物について、地域の農業特性などに応じた需要と供給のバランスを図りつつ、乳酸化などの新しい技術を用いて資源化を進めるシステムの研究も行います。

(図:2)埋立処分シミュレータ
(図:2)廃棄物処理フローと最終処分技術研究

サブナビゲーション



フッターユーティリティメニュー