<大気中微小粒子状物質(PM2.5)・ディーゼル排気粒子(DEP)等の大気中粒子状物質の動態解明と影響評価プロジェクト


伏見 暁洋(工学博士)
Akihiro Fushimi, Ph. D.
伏見 暁洋
NIESポスドクフェロー
国立環境研究所 PM2.5・DEP研究プロジェクト 交通公害防止研究チーム
〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2,Tel 029-850-2752, Fax 029-850-2569
E-mail: fushimi.akihiro@nies.go.jp

研究概要
  1. 自動車から排出されるガス状物質の測定
    シャシーダイナモ装置を用い、自動車排ガス中ガス状物質の正確な測定法を確立することを目標に研究しています。対象物質は、炭化水素(HCs)、揮発性有機化合物(VOCs)、アルデヒド類です。エンジンが冷えた状態から走行を開始した(コールドスタート)時の測定も行い,排出量や排出挙動を把握したいと考えています。
  2. ナノ粒子の有機組成分析
    我々は、ナノ粒子(粒径約50nm以下の粒子)の発生源を把握すること等を目標に、川崎や東京の沿道大気や自動車排気中のナノ粒子の測定を行ってきました。私は、主に粒径分布の測定やGC/MSを用いた有機組成分析を行っています。
  3. その他
    「車載型機器による実走行時自動車排ガス計測」や「ナノ粒子の生体影響」に関する研究プロジェクトにも携わっています。
研究分野
大気・自動車排ガスの測定、ナノ粒子の測定、有機分析、発生源解析、排出量推計
主な論文
Fushimi A., Kawashima H., Kajihara H. (submitted, 2004) Source Apportionment Based on an Atmospheric Dispersion Model and Multiple Linear Regression Analysis (submitted, 2004).

Kajihara H., Fushimi A. and Nakanishi J. (2003) Verification of the effect on risk due to reduction of benzene discharge, Chemosphere, 53, 4, pp.285-290.

伏見暁洋,梶原秀夫,吉田喜久雄,中西準子(2002)大気拡散モデルを用いた濃度予測及びPRTRデータの検証 -ベンゼンを例に-,環境科学会誌,15,1,pp.35-47.

Kajihara H., Ishizuka S., Fushimi A., Masuda A., Nakanishi J.(2000)Population risk assessment of ambient benzene and evaluation of benzene regulation in gasoline in Japan, Environmental Engineering and Policy, 2, pp. 1-9.

口頭発表(2003年〜)

長谷川就一,小林伸治,伏見暁洋,田邊潔,森口祐一,近藤美則,若松伸司(2004年10月20-22日,秋田)自動車に起因するナノ粒子の沿道大気観測(1) 粒径分布と個数濃度の変動および気象との関係,第45回大気環境学会年会講演要旨集,p.396.

伏見暁洋,長谷川就一,小林伸治,田邊潔,森口祐一,近藤美則,若松伸司(2004年10月20-22日,秋田)自動車に起因するナノ粒子の沿道大気観測(2) 粒径別有機成分及び元素状/有機炭素(EC/OC)の分析,第45回大気環境学会年会講演要旨集,p.397.

斉藤勝美,世良耕一郎,小林伸治,長谷川就一,伏見暁洋,若松伸司(2004年10月20-22日,秋田)沿道大気中におけるPMの元素的特徴−PM2.5中元素濃度の時間変化−,第45回大気環境学会年会講演要旨集,p.605.

藤谷雄二,小林伸治,近藤美則,田邊潔,長谷川就一,伏見暁洋,島浩稔,小池英子,小林隆弘(2004年10月20-22日,秋田)定常・過渡運転時におけるディーゼル粒子の粒径別の化学的性状,第45回大気環境学会年会講演要旨集,p.600.

長谷川就一,小林伸治,伏見暁洋,田邊潔,森口祐一,近藤美則,若松伸司(2004年8月4-6日,札幌)沿道大気中におけるナノ粒子の実態解明(1) 交通状況の異なる地点における粒径分布の特徴,第21回エアロゾル科学・技術研究討論会講演要旨集,pp.137-138.

伏見暁洋,斉藤勝美,長谷川就一,小林伸治,田邊潔,森口祐一,近藤美則,若松伸司(2004年8月4-6日,札幌)沿道大気中におけるナノ粒子の実態解明(2) EC/OC・有機化合物・元素の粒径別組成の特徴,第21回エアロゾル科学・技術研究討論会講演要旨集,pp.139-140.

Fushimi A., Hasegawa S., Tanabe K., Kobayashi S. (April 5-7, 2004, Las Vegas, Nevada, U.S.) Size-resolved organic compositions in atmospheric nano- to micro-scale particles at roadside, An International State of the Science Workshop on Organic Speciation in Atmospheric Aerosols Research.

Fushimi A., Kawashima H., Kajihara H., Nakanishi J. (November 9-13, 2003, Austin, Texas, U.S.) Source apportionment based on atmospheric dispersion model and multiple regression analysis, SETAC 24th Annual Meeting in North America, Abstract Book, 185.

南成記,川島洋人,花井義道,伏見暁洋,中西準子(2003年9月,京都)沿道における揮発性有機化合物の測定と自動車排ガス排出係数の推定,第44回大気環境学会年会講演要旨集,p.373.

伏見暁洋,川島洋人,梶原秀夫,花井義道,中西準子(2003年5月,筑波)コンビナート周辺における揮発性有機化合物(VOCs)の測定及び発生源解析,パーキンエルマージャパン分析技術シンポジウム2003,テキストp71.

Fushimi A., Kajihara H., Yoshida K. and Nakanishi J. (March 2003, Tsukuba) Prediction of atmospheric concentrations and evaluation of the Pollutant Release and Transfer Resister (PRTR) data in Japan: A case study of benzene, The 8th International Conference on Atmospheric Sciences and Applications to Air Quality, Program and Abstracts, p.352.

HOME
Copyright(C) National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.