<大気中微小粒子状物質(PM2.5)・ディーゼル排気粒子(DEP)等の大気中粒子状物質の動態解明と影響評価プロジェクト

交通公害防止研究チーム


交通や物流等の都市活動に起因する環境問題、とくに沿道や都市域の大気汚染の改善のため、フィールド調査や低公害車実験施設を用いた自動車排出ガスの排出実態把握、低公害車の普及や交通・物流システムの改善などの各種対策の効果の予測・評価手法に関する研究を進めています。
低公害車実験設備(環境シャシーダイナモメータ)
環境条件を広範囲に変えることができる低公害車実験設備を用いて、排気ガスや微小粒子の排出特性を解析しています。



車載型排ガス計測システム
車載型排ガス分析システムにより、実際に路上を走行している車両の動態や排出ガスの計測を実施しています。



車載計測で得られた排出係数
車載排ガス計測システムを搭載した車両により計測されたつくば市内を走行した時のNOxの排出係数を示します、登坂時にNOxは多く排出されることが示されています。



東京都心における微小粒子状物質の粒径分布
一般環境(九段のビル屋上)に比べて、道路沿道の北の丸、日比谷では、ナノ粒子と呼ばれる直径が50〜100ナノメートル以下の極めて小さい粒子の割合が多いことがわかります。



南関東におけるDEP排出量の地域分布
道路交通センサスの交通量データに、車種別排出係数を乗じて推計した。交通量の大きい幹線道路に沿って排出量が大きいことが分かります。人口分布のデータと結びつけて、暴露量の予測を行うために利用しました。




HOME
Copyright(C) National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.