sunflower photo
Index of
東アジア海域
海洋環境モニタリング


1.海洋環境モニタリングとは?
2.モニタリングの概要
3.観測・分析方法
 ・観測方法
 ・分析方法

4.観測結果

5.データ
6.今後の展開
7.参考資料
 ・共同研究者・協力機関
 ・参考文献

8.研究発表一覧
 ・誌上発表
 ・口頭発表

9.関連リンク
title
Last updated on July 15, 2005
8.研究発表一覧 | 誌上発表 | 口頭発表 |
mark口頭発表
O1. Doi, T, Iitaka, H., Nakano, H., Saito, T., Harashima, A. and Saito, K. (2002) : Techno Ocean 2002 International Symposium, 2002.11."Experimental Study on the Phytoplankton concentration for Capturing the Microscopic Image"
O2. 土井卓也, 飯高 弘, 中野 洋, 斎藤俊幸, 原島 省, 齊藤幸賢(2002) : 海洋理工学会平成14年度春季大会一般講演「顕微鏡撮像のための植物プランクトン濃縮船上実験」
O3. 藤森一男, 中野 武, 高石 豊, 功刀正行 (1996) : 東アジア海域の海水中有機塩素化合物のGC/MS微量分析, 第30回日本水環境学会年会, 同講演要旨集
O4. 藤森一男, 松村千里, 中野 武, 功刀正行 (1997) : 海域における有機塩素系化学物質の調査, 第6回環境化学討論会, 同講演要旨集.
O5. 藤森一男, 松村千里, 中野 武, 功刀正行 (1999) : 環境試料中の有機塩素化学物質の濃度, 第8回環境化学討論会, 同講演要旨集.
O6. 古澤一思, 黒川 治, 亭島博彦, 原島 省 (1993) : 瀬戸内海・対馬海峡における植物プランクトンのサイズ別および分類群別生物量, 日本海洋学会1993年度春季大会講演要旨集, 337-338.
O7. 古澤一思, 今尾和正, 原島 省 (1995) : フェリーによる植物プランクトン群集構造の解析, 日本海洋学会1995年度春季大会講演要旨集, 325-326.
O8. 古澤一思, 津田良平, 田中祐志, 原島 省 (1996) : 植物プランクトン群集構造における短期空間変動の把握, 日本海洋学会1996年度春季大会講演要旨集, 334-335.
O9. 原井光一郎, 速水祐一, 武岡英隆, 原島 省 (2000) : 瀬戸内海における潮汐フロントの季節変化, 日本海洋学会2000年度秋季大会講演要旨, 264.
O10. Harashima, A. (1992) : Autonomous biogeochemical monitoring system using intake of sea water on Japan-Korea Ferry boat, ABOOS (Autonomous Bio-optical Ocean Observing System) Symposium, Monterey (poster presentation).
O11. Harashima, A., Tsuda, T., Tanaka, Y., Kimoto, T., Tanaka, S., Furusawa, K., Kurokawa, O., Takeuchi, Y. and Oh, J.-R. (1993) : A semi-continuous environmental monitoring and associated measurement of using seawater intake of Japan-Korea Ferry, Second Annual Meeting of PICES, Seattle.
O12. 原島 省, 若林 孝, 坂本重次, 竹内義治 (1993) : 日韓フェリーによる海洋環境モニタリング(3), クロロフィル蛍光の時空間変動, 日本海洋学会1993年度春季大会講演要旨集, 334-335.
O13. 原島省, 津田良平, 田中祐志, 紀本岳志, 萩原富司 (1994) : 日韓フェリーによる海洋モニタリング (4) 栄養塩の時空間変動, 日本海洋学会1994年度春季大会講演要旨, 409-410.
O14. Harashima, A., Tsuda, R., Tanaka, Y., Kimoto, T., Tatsuta, H. and Hagiwara, T. (1994) : Ferry-based Biogeochemical Monitoring from the Marginal Seas to the Subtropical Gyre, PICES-STA Workshop on Monitoring Subarctic Pacific Ocean, Nemuro.
O15. Harashima, A., Tsuda, R., Tanaka, Y., Kimoto, T. and Hagiwara, T. (1994) : A High-resolution biogeochemical monitoring and assessing of environmental changes using ferry boats, Abstracts of International Symposium on "The Large Marine Ecosystems (LMEs) of the Pacific Ocean", Qingdao, (invited).
O16. 原島 省 (1995) : フェリーによる生物化学量の計測, 東京大学海洋研究所シンポジウム.
O17. 原島 省, 辰田 裕, 若林 孝, 利安忠夫, 坂本重次, 萩原富司 (1996) : 日韓・瀬戸内海フェリーによる1991-1995年の栄養塩時系列, 日本海洋学会1996年度春季大会講演要旨, 332-333.
O18. 原島省 (1996) : フェリー時系列による海洋生態系変動の研究, 国立環境研究所所外研究発表会講演要旨, 12-16.
O19. 原島 省 (1996) : 定期航路連続観測と衛星データによる海洋環境指標の時空間変動に関する研究, 関西水圏研究機構公開シンポジウム「水域生態系変化のモニタリングデザイン」講演要旨, 30-53.
O20. 原島 省, 紀本岳志, 若林 孝, 利安忠夫, 坂本重次, 津田良平, 田中祐志, 古沢一思 (1997) : 瀬戸内海に現れるpHホール, 日本海洋学会1997年度春季大会講演要旨, 326.
-このページのTOPへ戻る-
O21. Harashima, A. (1998) : Ongoing marine environmental monitoring by NIES and proposed extension to a cooperative programme for the Asian Marginal Seas, Abstracts of CoMEMAMS Meeting January 1998, pp.1-8.
O22. 原島 省, 古澤一思, 鵜澤 聡 (1998) : 日本?マレーシア定期航路による海洋環境モニタリング (1), 日本海洋学会1998年度春季大会講演要旨, 234.
O23. Harashima, A. (1999) : Biogeochemical monitoring of the coastal and marginal seas using ships of opportunity, International Workshop on the In-Situ, Real-Time and Remote Sensing Measurement of Coastal Water Quality, Hong Kong.
O24. Harashima, A. (1999) : Possibility of development of marine environmental monitoring by the ship of opportunity based on the international cooperation, International Workshop on Marine Environmental Monitoring, 69-92, Incheon, Korea.
O25. Harashima, A. (1999) : Cooperation of the Monitoring Programme with NEAR-GOOS, IOC-WESTPAC NEAR-GOOS Meeting, Tokyo.
O26. Harashima, A., Kimoto, T., Wakabayashi, T. and Tanaka, Y. (1999) : Changes of N, P, Si and algal parameters in an aquatic continuum based on monitoring data from ferryboats SCOPE & IGBP-LOICZ Workshop on Changing Silica Cycle, Linköping, Sweden.
O27. Harashima, A. (2000) : The (N, P)/Si issue in Japanese coastal water, SCOPE & IOC-WESTPAC Workshop on Changing Silica Cycle, Nha Ttran, Vietnam.
O28. Harashima, A. (2000) : Marine environmental monitoring system using ships of opportunity, Proceedings of Techno-Ocean 2000 International Symposium, Vol. 1, 101-104.
O29. 原島 省, 紀本岳志, 田中祐志, 若林 孝, 古澤一思, 杉岡伸一 (2000) : 瀬戸内海のシリカ欠損, 日本海洋学会2000年度春季大会講演要旨, 157.
O30. 原島 省 (2000) : フェリーによるモニタリングの現状と課題, 沿岸海洋シンポジウム「沿岸内湾域における長期モニタリングの方向性」, 日本海洋学会2000年度春季大会講演要旨, 333.
O31. Harashima, A. (2001) : Results from ferry observations between Japan and Korea, Ferrybox Workshop, Geesthach, Germany.
O32. Harashima, A. (2001) : Near real-time monitoring of biochemical parameters in the ocean, Proceedings of Abstract for 5th IOC/WESTPAC International Scientific Symposium, August 2001, Seoul, ( with extended abstract contained in CDROM), 154.
O33. Harashima, A. (2002) : Marine environmental monitoring system using ships of opportunity , Abstracts of PICES Workshop on Marine Monitoring Using Voluntary Observing Ship, Seattle, April 2002.
O34. 原島 省, 紀本岳志, 田中祐志, 若林 孝, 利安忠夫(2002) : 瀬戸内海のシリカ欠損(2), 日本海洋学会2002年度春季講演要旨, 233.
O35. 原島 省(2002) : フェリー利用による低次生態系の時系列モニタリング, 平成14年度瀬戸内海ブロック推進会議 生産環境部会シンポジウム.
O36. 原島 省(2002) : 陸と海の相互作用をどう測ってゆくか, 瀬戸内海研究フォーラムinわかやま 森林と生み -連鎖への回帰-, 講演要旨, 34-37.
O37. 原島 省(2002) :河川から海洋に至るN, P, Si輸送の連続性の意義, 土木学会環境水理部会研究集会in横浜 講演要旨 1-8.
O38. Harashima, A. (2003) : Monitoring of river, ocean, and atmospheric deposition in Japan: National Report, The First Focal Point Meeting of UNEP Northwest Pacific Action Plan - Pollution Monitoring Regional Activity Centre (NOWPAP-POMRAC), Vladivostok, April 2003.
O39. 原島 省, 紀本岳志, 高橋 理, 若林 孝, 古澤一思(2003) :小林純データより判読された河川のシリカ減少傾向, 日本海洋学会2003年度春季講演要旨, 419.
-このページのTOPへ戻る-
O40. 原島 省, 顔 小洋,陶 衛峰(2003) : フェリーによる栄養塩データと長期的反復撮影によるサンゴ礁水中画像のGIS化, 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム「海洋GISと空間解析 ?そのサイエンスと未来?」.
041. 原島 省, 木下勝元,紀本岳志(2004) :瀬戸内海フェリーに設置した現場型栄養塩連続自動測定装置による観測, 日本海洋学会2004年度秋季講演要旨, 220.
042. Harashima, A. (2005) : Aquatic silica decline and its effect to the coastal marine ecosystem revealed by a biogeochemical monitoring using ferryboats, Proc. International Symp. on Long-term Variation in the Coastal Environments and Ecosystems, 109-114, Matsuyama..
O43. 日夏宗彦, 塚田吉昭, 南 佳成, 深澤良平(2000) : 船舶を利用した海洋環境モニタリング計測データの評価について ?サンプル水の上流起源特定実験?, 第74回船舶技術研究所研究発表会講演集.
O44. 日夏宗彦, 塚田吉昭, 南 佳成, 深澤良平(2001) : 船舶を利用した海洋環境モニタリング計測データの評価について ?第2報 規則波中航走時のサンプル水の上流起源特定実験?, 第1回海上技術安全研究所講演会講演集.
O45. 日夏宗彦, 塚田吉昭, 南 佳成, 深澤良平(2001) : 船舶に取り付けられた取水口から取水されるサンプル水の上流起源の推定, 2001年度造船学会講演要旨集, 279-285.
O46. Ichikawa, A., Inoue, G., Sasano, Y., Yasuoka, Y. and Harashima, A. (1992) : Measuring global environmental change -Its monitoring programs and sensing systems-, Extended Abstracts of International Symposium on Sensors in the 21st Century.
O47. 飯高 弘, 中野 洋, 土井卓也, 斎藤俊幸, 佐藤宗純, 藤縄幸雄 (1999) : 海洋リモートアクセスステーションの研究開発, 海洋理工学会平成11年度春季大会講演要旨集, 71-72.
O48. 飯高 弘, 土井卓也, 中野 洋, 斎藤俊幸, 佐藤宗純, 西山勝男, 藤縄幸雄 (2000) : 地球環境計測のための海洋リモートアクセスステーションの研究開発, 環境技術研究総合推進会議第4回研究発表会講演要旨集, 37-38.
O49. Iitaka, H., Doi, T., Saito, T., Nakano, H., Sato, S., Fujinawa, Y., Harashima, A., Saitou, K., and Kusaka, Y. (2000) : Research and Development of Ocean Remote Access Station, Proceedings of Techno-Ocean 2000 International Symposium, Vol. 3, 669-672.
O50. 飯高 弘, 土井卓也, 中野 洋, 斎藤俊幸, 佐藤宗純, 西山勝男, 藤縄幸雄, 日下祐三, 原島 省, 齊藤幸賢 (2000) : 海洋リモートアクセスステーションの研究開発(その2), 海洋理工学会平成12年度春季大会講演要旨集, 41-42.
O51. Iitaka, H., Doi, T., Nakano, H., X Saito, V., Fujinawa, Y., Harashima, A., Saito, K., and Aoyagi, M. (2002) : Research and Development of Ocean Remote Access Station, Techno Ocean 2002 International Symposium, 2002.
O52. 飯高 弘, 土井卓也, 中野 洋, 斎藤俊幸, 西山勝男, 葛西直子, 藤縄幸雄, 原島 省, 齊藤幸賢, 青柳 勝 (2002) : 海洋リモートアクセスステーションの研究開発(その4), 海洋理工学会平成14年度春季大会.
053. 井上由紀子,藤原建紀,堀 豊,原島 省(2003) : 東部瀬戸内海における冬季の栄養塩分布と季節風?2002年度のノリの色落ちに関して?,日本海洋学会2003年度秋季大会講演要旨集, 345.
O54. 紀本岳志, 原島 省 (1993) : 日韓フェリーによる海水溶存二酸化炭素の高密度連続観測, 日本海洋学会1993年度春季大会講演要旨集, 336.
O55. Kimoto, T. and Harashima, A. (1993) : High-resolution time/space monitoring of the surface seawater CO2 partial pressure by ship-of-opportunity, Abstracts of the 4th International CO2 Conference, 88-91 Calqueranne, WMO.
056. 紀本岳志 (2003) : 瀬戸内海をはかる?観測データが語る豊かな海の未来?, 日本地球化学会,地球化学公開講演会, 倉敷.
O57. 功刀正行、原島 省、藤森一男、中野 武 (1996) : 定期フェリーを用いた海水中有害化学物質の高密度観測、日本分析化学会第45年会、同講演要旨集, 129
O58. Kunugi, M., Harashima, A., Fujimori, K. and Nakano, T. (1997) : Observation of time-space Variation of hazardous chemicals in sea water using ferry, Abstract of CoMEMAMS Meeting, Tokyo, 3.1-4.
O59. 功刀正行, 原島 省, 藤森一男, 中野 武 (1997) : フェリーによる有害化学物質の高密度観測, 日本海洋学会1997年度春季大会講演要旨, 134.
O60. 功刀正行 (1997) : 海の働きと海洋汚染, 日本学術会議第5回「環境と化学」講演会.
-このページのTOPへ戻る-
O61. 功刀正行, 原島 省, 藤森一男, 中野 武 (1998) : ボランタリー観測船を用いた海水中有害化学物質の高密度観測(III), 日本化学会第74春季年会, 同講演予稿集.
O62. 功刀正行, 原島 省, 藤森一男, 中野 武 (1998) : 定期フェリーを用いた海水中有害化学物質の高密度観測(IV), 第59会分析化学討論会, 同講演要旨集.
O63. 功刀正行 (1998) : 複雑系としての地球環境問題, 第7回湘南ハイテクセミナー?研究開発と分析技術?.
O64. 功刀正行, 原島 省, 藤森一男, 中野 武 (1998) : 定期フェリーを用いた海水中有害化学物質の高密度観測(V), 日本分析化学会第47年会, 岐阜, 同講演要旨集.
O65. 功刀正行, 原島 省, 藤森一男, 中野 武 (1999) : 定期フェリーを用いた海水中有害化学物質の高密度観測(VI), 日本分析化学会第48年会, 同講演要旨集.
O66. 功刀正行 (2000) : 海の働きと海洋汚染, 第5回環境テクノス研究会.
O67. 功刀正行, 原島省, 藤森一男, 中野武 (2000) : 定期フェリーを用いた海水中有害化学物質の高密度観測(VII), 日本分析化学会第49年会, 同講演要旨集.
O68. 中野 洋, 斎藤俊幸, 土井卓也, 飯高 弘, 西山勝男, 佐藤宗純, 藤縄幸雄, 原島 省, 齊藤幸賢 (2000) : 定期航路船舶を用いた植物プランクトン顕微鏡画像撮像システムの研究開発, 海洋理工学会平成12年度春季大会講演要旨集, 37-38.
O69. Nakano, H., Iitaka., H., Doi, T., Saito, T., Harashima, A. and Saito, K. (2002) : Automated Image Processing System on Ship of Opportunity, Techno Ocean 2002 International Symposium, 2002.
O70. 中野 洋, 飯高 弘, 土井卓也, 斎藤俊幸, 原島 省, 齊藤幸賢(2002) : 海洋理工学会平成14年度春季大会一般講演), 「定期航路船舶を用いた植物プランクトン顕微鏡画像自動撮像システムの運用実験」
O71. 小熊幸子, 鈴木 亨, 原島 省(2002) : 「備讃内海備後灘における栄養塩濃度比の季節変化」日本海洋学会2002年度秋季講演要旨, 357
O72. Saito, T., Iitaka, H., Nakano, H., Doi, T., Sato, S., Fujinawa, Y., Harashima, A., Saitou, K., and Kusaka, Y. (2000) : Development of a flow type laser fluorescence microscope system for hi-speed and continuous measuring of phytoplankton images, Proceedings of Techno-Ocean 2000 International Symposium, Vol. 3, 799-804.
O73. 斎藤俊幸, 飯高 弘, 中野 洋, 土井卓也, 佐藤宗純, 藤縄幸雄, 原島 省, 齊藤幸賢 (2000) : フロー型レーザ蛍光顕微鏡による植物プランクトンの連続計測法の開発, 海洋理工学会平成12年度春季大会講演要旨集, 39-40.
O74. Tanaka, Y., Tsuda, R. and Harashima, A. (1993) : In situ monitoring of chlorophyll-a and size spectra of phytoplankton via laser-induced fluoresce through an optical fiber on Japan-Korea ferry, Second Annual Meeting of PICES, Seattle
O75. 田中茂, 樫山昭彦, 原島 省 (1993) : 日韓フェリー航路における生物起源イオウ(DMS)の濃度分布, 日本海洋学会1993年度春季大会講演要旨集, 340-341.
O76. 田中祐志, 津田良平, 原島 省 (1993) : レーザー光ファイバーセンシングによる植物プランクトンサイズスペクトルの空間分布, 日本海洋学会1993年度春季大会講演要旨集, 339.
O77. 田中祐志, 津田良平, 紀本岳志, 原島省 (1995) : フェリーによる植物プランクトンのサイズスペクトルと環境諸要因の観測, 日本海洋学会1995年度春季大会講演要旨集, 324.
O78. Tanaka, Y., Tsuda, R., Kimoto, T. and Harashima, A. (1997) : Nutrient balance and spatial distribution of phytoplankton species plus size spectra revealed via ferry monitoring, The PICES VI Annual Meeting.
O79. 田中 茂, 樫山昭彦, 原島 省 (1993) : 日韓フェリー航路における生物起源イオウ(DMS)の
濃度分布, 日本海洋学会1993年度春季大会講演要旨集, 340-341.
O80. 塚本英史, 境田太樹, 香西克俊, 川村宏, 柳 哲雄, 原島 省 (1995) : 衛星画像を用いた沿岸海域モニタリング(1) 瀬戸内海の水温分布の季節変動, 1995年度日本海洋学会春季大会, 244-245.
O81. 塚本英史, 柳 哲雄, 原島 省 (1996) : フェリー連続観測による瀬戸内海の水質の分布と季節変動(1),日本海洋学会1996年度春季大会講演要旨集, 330-331.
-このページのTOPへ戻る-
O82. 若林 孝, 原島 省 (1998) : フェリーによる海洋モニタリングの現状, 平成10年度日環協・環境セミナー全国大会要旨集, 34-37.
O83. 山口良隆, 小俣美郁子, 岡田安弘, 田口 昇, 山之内博, 太田英介, 樋富和夫, 山岸 進,  原島 省(2001) : 広域及び定期計測に向けての海水中含有オイル分析手法の検討, 日本本分析化学会第50年会.
O84. 山口良隆, 山之内博, 柴田俊明, 太田英介, 樋富和夫, 原島 省(2002) : フェリー利用のための海水中オイル汚染分析法の検討, 第11回環境化学討論会.
O85. 山本雅一, 津田良平, 今尾和正, 紀本岳志, 原島省 (1996) : 瀬戸内海における植物プランクトンのサイズスペクトル, ?フェリーによる1カ月連続観測?, 日本海洋学会1996年度春季大会講演要旨集, 336.
-このページのTOPへ戻る-

8.研究発表一覧 | 誌上発表 | 口頭発表 |
<<海洋TOP | <7.参考資料 | 9.リンク >
Copyright©
Center for Global Environmental Research(CGER)
National Institute for Environmental Studies(NIES)