sunflower photo
Index of
東アジア海域
海洋環境モニタリング


1.海洋環境モニタリングとは?
2.モニタリングの概要
3.観測・分析方法
 ・観測方法
 ・分析方法

4.観測結果

5.データ
6.今後の展開
7.参考資料
 ・共同研究者・協力機関
 ・参考文献

8.研究発表一覧
 ・誌上発表
 ・口頭発表

9.関連リンク
title
Last updated on August  3, 2005
5.提供データ

このページからダウンロードできるデータは1994?2001年の瀬戸内海の硝酸態窒素、亜硝酸態窒素、リン酸態リン、溶存ケイ素、クロロフィルa、フェオフィチンa、海水温および塩分濃度です。

  

[データのご利用について]

*2005年8月3日データ最終更新

また、「3.観測の方法」で述べた毎航海10秒間隔のセンサー計測については、データ量が多いので本ウェブサイトには載せていませんが、1991年6月?1993年2月, 1994年4月?1995年12月, 1996年1月?1997年11月分の3期については、これまでに3枚のCD-ROM11), 12), 13)で公開しております。希望される方は、cgerpub@nies.go.jpまでお問い合わせ願います。

データの解析例、フェリーを使った国内外のモニタリング例について詳しくお知りになりたい場合には、「環境儀」No.39(平成23年刊)をご覧下さい。

データに関する注意書き
  1. GPSが作動不良の場合には、位置を前後値から内挿して表しましたが、その場合には*をつけて標記しています。
  1. 各分析値の検出限界は以下のとおりです。また検出限界以下は0.0と表記しました。

    HNO3とHNO2 0.05(micro-mol/L)
    NH4(OH) 0.2(micro-mol/L)
    H3PO4 0.03(micro-mol/L)
    Si(OH)4 1.0(micro-mol/L)
    クロロフィルa およびフェオフィチンa 0.02(micro-gram/L)
  1. クロロフィルaとフェオフィチンaについて
    両者は1997年まで蛍光法で分析しておりました。90年代に世界的にHPLC(高速液クロマトグラフィー)による分析が普及し、両者の方法による比較が行われたところ、蛍光法で測定したフェオフィチンa濃度は過大評価されている可能性があることが指摘されはじめました。本モニタリングでも、1997年までのフェオフィチンa分析値は系統的に高めに出ておりますのでご注意ください。
  1. 海水温度について
    水温は取水口からセンサー位置まで来る間に室温の影響で若干上がり、実際の海水温より0.3-1.0oC高く表示されています。

<<海洋TOP | < 4.観測結果 | 6.今後の展開 >
Copyright©
Center for Global Environmental Research(CGER)
National Institute for Environmental Studies(NIES)