ホームーページに戻る

 
 
K2 アナドマリ前--(49-50m) 

 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)1.6m
 サンゴ群集動態

      1998年春の方形枠内被度は100%で、初夏のコリンボース状ミド
    リイシ類大量弊死時の被害は軽微。その直後の夏季高水温によって
    ほとんどのサンゴが白化を起こし、クシハダミドリイシに集中した
    被害を確認。1999年12月の寒波により、サンゴ全体の80%が斃死し、
    被度は激減。さらに、2001年の白化によりほとんどのサンゴが斃死
    し、その後は回復が進まないままで推移。

1998/07/02
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は、1998/July/03を参照。

1998/07/03
      1m塩ビ方形枠を設置。ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      1998年春は、方形枠内をサンゴが完全に覆い、ミドリイシ類(ク
    シハダミドリイシ80%、スギノキミドリイシ20%)の美しい景観が
    存在した。その年の初夏に深所を中心に起こったコリンボース状ミ
    ドリイシ類の大量弊死時の被害は軽微であったが、クシハダミドリ
    イシの縁辺部の一部でその影響が認めらた。

1998/09/12
     「異常高水温後の状態(白化現象)」
      ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      白化直後の様子。ほとんどのミドリイシ類で白化が認められる。

1999/02/18
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は1999/July/08を参照。

1999/07/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      白化被害はクシハダミドリイシに集中し、本種の50%に斃死が認
    められた。

2000/01/23
     「寒波襲来直後」
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      1999年12月に襲来した寒波による低気温は、サンゴ群集に甚大な
    被害を及ぼした。クシハダミドリイシおよびスギノキミドリイシと
    もに斃死率は80%に上った。枠下側のクシハダミドリイシは完全に
    斃死し、他のクシハダミドリイシやスギノキミドリイシの一部は白
    化状態にある。

2000/08/04
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      寒波によって激減したサンゴ群集。被度は30%程度である。

2001/06/26
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      前年、枠内中央上部から左下にかけて見られたスギノキミドリイ
    シは消失した。枠内左側に生残したクシハダミドリイシは成長が認
    められる。枠内被度は20%に減少。

2002/07/16
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    昨夏の白化によって、枠内に生存していた全てのクシハダミドリイ
    シ、および、スギノキミドリイシの大部分が斃死した。これにより
    、被度は5%以下に激減した。なお、画面上には、昨年、新規定着
    したと思われるミドリイシ類の小群体が散見される。


2003/06
  昨年に観察されたミドリイシ類の小群体に成長が認められるが、 被度は依然として5%未満である。