ホームーページに戻る

 
 
K2 アナドマリ前--(44-45m)

 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)1.6m
 サンゴ群集動態

      1998年春の方形枠内サンゴ被度は100%で、初夏のコリンボース状
    ミドリイシ類大量弊死時、および、その直後の異常高水温時の被害は
    ともに狭少。1999年12月の寒波により、サンゴにかなりの被害が生じ
    たが、その後、生残したサンゴの成長が順調に進み、2001年6月の時
    点でサンゴ被度は80%にまで回復。2001年には再び白化が起こり、サ
    ンゴ全体のおよそ8割が斃死。2003年の台風被害は少なく、スギノキ
    ミドリイシの成長により回復傾向が認められる。

1998/07/02
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は、1998/July/03を参照。

1998/07/03
      1m塩ビ方形枠を設置。ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      1998年春には、方形枠内をサンゴが完全に覆い、ミドリイシ類(ク
    シハダミドリイシ60%、コユビミドリイシ25%、スギノキミドリイシ
    15%)の美しい群集が存在した。その年の初夏に深所を中心に起こっ
    たコリンボース状ミドリイシ類の大量弊死時の被害は、当地点では軽
    微であった。

1998/09/12
     「異常高水温後の状態(白化現象)」
      ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      白化直後の様子。ほとんどのミドリイシ類で白化が起きている。

1999/02/18
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は1999/July/08を参照。

1999/07/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      白化被害は少量(クシハダミドリイシの25%、コユビミドリイシの
    若干量)に止まり、大部分は生残した。

2000/01/23
     「寒波襲来直後」
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      1999年12月に襲来した寒波によって、クシハダミドリイシの20%、
    スギノキミドリイシの50%が斃死した。コユビミドリイシはやや白化
    気味であるが、斃死部はほとんど観察されなかった。

2000/08/04
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      寒波襲来時に生残したサンゴは、この時点でも健在である。

2001/06/26
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      生残したサンゴの成長が順調に進み、サンゴ被度は75%にまで回復
    する。

2002/07/16
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      枠内に生存していた全てのクシハダミドリイシとコユビミドリイシ
    が、および、スギノキミドリイシの半分近くが、昨夏の白化で斃死し
    た。これにより、被度は15%程度に激減した。


2003/06
  台風被害は少なくスギノキミドリイシの成長が顕著で、被度は25% に増加している。当海域では少なくなったクシハダミドリイシの小1 群体(枠右上)と大1群体(枠外右上)の生残が認められる。
使われている画像は枠内が正しく映っていない。差し替えが必要。