ホームーページに戻る

 
 
K2 アナドマリ前--(39-40m)

 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)1.5m
 サンゴ群集動態

      1998年春の方形枠内のサンゴ被度は100%で、初夏のコリンボー
    ス状ミドリイシ類大量弊死時、および、その直後の異常高水温時に
    少量のサンゴ斃死が確認。1999年12月の寒波により、残存するサン
    ゴの約7割が斃死し、サンゴ被度は約20%に激減。その後、被度増
    加が進まないままで推移し、2003年には台風の影響を受けさらに減
    少する。

1998/07/02
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は、1998/July/03を参照。

1998/07/03
      1m塩ビ方形枠を設置。ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      1998年春にはサンゴは海底面を完全に覆い、その組成はクシハダ
  ミドリイシ75%、スギノキミドリイシ15%、コリンボース状ミドリ
  イシ類10%であった。その年の初夏に深所を中心に起こったコリン
    ボース状ミドリイシ類の大量弊死時に、枠内のクシハダミドリイシ
    の20%、スギノキミドリイシの3%が斃死した。

1998/09/12
     「異常高水温後の状態(白化現象)」
     ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      白化直後の様子。ほとんどのミドリイシ類で白化が認められる。

1999/02/18
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は1999/July/08を参照。

1999/07/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      白化被害はクシハダミドリイシに集中し、枠左側にある本種群体
    は完全に斃死した(枠内の本種現存量の30%に相当)。

2000/01/23
     「寒波襲来直後」
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      1999年12月の寒波は、当地点のサンゴ群集に大きな被害を与えた。
    サンゴ全体の斃死率は70%にも上り、サンゴ被度は約20%に激減し
    た。

2000/08/04
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      寒波襲来時に生残したサンゴは、この時点でも全て生きているが、
    大きな成長は認められない。

2001/06/26
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴの成長はあまり進まず、クシハダミドリイシは現存量がこ
    の1年間でさらに減少している。

2002/07/16
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      前年と比べほとんど変化は認められないが、枠内の大部分を占め
    る死んだクシハダミドリイシ上にあった本種の4小群体は見られなく
    なっている。被度は20%程度。
画像は前地点(35R:35m地点)のものである。正しいものと差し替 えが必要。
2003/06
  台風の影響を受けスギノキミドリイシの多くが消失し、被度は10 %に半減している。