ホームーページに戻る

 
 
K2 アナドマリ前--(34-35m)

 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)1.6m
 サンゴ群集動態

      1998年春の方形枠内のサンゴ被度は80%で、初夏のコリンボース
    状ミドリイシ類の大量弊死時、およびその直後の異常高水温時とも
    に本地点ではサンゴの斃死は少量。1999年12月の寒波襲来時には残
    存するサンゴの約5割が斃死し、被度は約40%に低下。その後、スギ
    ノキミドリイシの成長が進み、2001年6月には被度が60%程度に回復
    するが、その直後に起こった高水温由来の白化により、スギノキミ
    ドリイシのおよそ半分が斃死し、被度は半減する。現在はスギノキ
    ミドリイシは増加傾向にある。

1998/07/02
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は、1998/July/03を参照。

1998/07/03
      1m塩ビ方形枠を設置。ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      1998年春の方形枠内のサンゴ被度は80%(クシハダミドリイシ40
    %、コユビミドリイシ25%、スギノキミドリイシ15%、)であった
    が、その年の初夏に深所を中心に起こったコリンボース状ミドリイ
    シ類の大量弊死時に、大きなクシハダミドリイシ群体(枠内左下)
    が斃死した(本種全体の70%に相当)。

1998/09/12
     「異常高水温後の状態(白化現象)」
      ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
      白化直後の様子。ほとんどのミドリイシ類で白化が認められる。

1999/02/18
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      サンゴ群集の概況は1999/July/08を参照。

1999/07/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      白化による被害はコユビミドリイシに集中した(本種のおよそ半
    分が斃死)。また、枠内右下のスギノキミドリイシも完全に斃死し
    た。

2000/01/23
     「寒波襲来直後」
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      1999年12月に襲来した寒波の低気温によって、残存するサンゴの
    約5割(クシハダミドリイシは80%、コユビミドリイシは40%、スギ
    ノキミドリイシは若干量)が斃死し、サンゴ被度は約40%に低下し
    た。

2000/08/04
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      寒波襲来時に生残したサンゴは、この時点でも全て生きているが、
    大きな成長は認められない。

2001/06/26
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      スギノキミドリイシの成長が顕著で、生きた他のサンゴ(コユビ
    ミドリイシやクシハダミドリイシ)や死んだサンゴを覆い尽くす勢
    いであり、枠内被度は60%程度に回復する。

2002/07/16
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
      昨夏の白化は顕著で、枠内のスギノキミドリイシの半分近くが斃
    死した。これによって、サンゴ被度は30%程度に低下した。


2003/06
  台風の影響は少なく、スギノキミドリイシの成長が顕著である。 被度は40%に増加する。