ホームーページに戻る

 
 
K2 アナドマリ前--(4-5m)
 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)5.7m

 サンゴ群集動態

   コリンボース状ミドリイシ類の優占域であったが、1998年初夏
    に起こった本類の大量弊死によりサンゴ被度は激減。その後、本
    類は復活することはなく、スギノキミドリイシの増加、方形枠下
    側のクシハダミドリイシの消失などの変化を伴って推移。さらに、
    2003年には台風波浪の影響を受ける。

1998/07/02
     「コリンボース状ミドリイシ類大量弊死直後」
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    サンゴ群集の概況は、1998/July/03を参照。

1998/07/03
     「コリンボース状ミドリイシ類大量弊死直後」
      1m塩ビ方形枠を設置。ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
    コリンボース状ミドリイシ類(おそらくハナガサミドリイシ)の
    優占域(被度70%)であったが、1998年5月前後に起こった本類の
    大量弊死(原因はサンゴ食コペポーダの大量増殖と考えられる)
    により被度は15%ほどに大きく低下した。枠下のクシハダミドリ
    イシ(半月形のもの)は生残しているが、周囲のコリンボース状
    ミドリイシ類は全て死滅。これらは、表面にうっすらと藻類が付
    着しているため遠目には生きているように見える。

1998/09/12
     「異常高水温後の状態(白化現象)」
      ニコノス15mmレンズモノラル撮影。
    1998年8月に異常高水温に起因する大規模な白化現象が観察され
    た。本調査地でも大きな被害が生じたが、本地点は水深が深かっ
    たため顕著な弊死は観察されなかった。写真では画面中央のトゲ
    サンゴが白化し、また、画面中央下のクシハダミドリイシに若干
    の白化が認められる。

1999/02
   立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    サンゴ群集の概況は1999/July/08を参照。

1999/07
   1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    前年に死滅したコリンボース状ミドリイシ類は、立ち枯れ状態で
    そのまま残っている。枠内下側のクシハダミドリイシ群体は健在、
    枠上中央及び右下のスギノキミドリイシは顕著な成長を見せる。

2000/01
     「寒波襲来直後」
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    寒波による影響はほとんど見られない。サンゴ群集の概況は2000
    /Aug/04を参照。

2000/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    枠内下側のクシハダミドリイシ群体、枠内上中央および右下にス
    ギノキミドリイシ群体はそれぞれ成長が進む。1998年初夏に死滅
    したコリンボース状ミドリイシ類の骨格は大部分が残る。

2001/06
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    枠内下側にあったクシハダミドリイシ群体が消失し、枠内の風景
    は一変する。1998年に死滅したコリンボース状ミドリイシ類の骨
    格は、浸食がかなり進むものの多くが残存する。枠内ではスギノ
    キミドリイシの増殖が目立つ。右中央やや下のスギノキミドリイ
    シ群体の一部に白化が認められる。枠左下にはコリンボース状ミ
    ドリイシ類が出現している。

2002/07
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    枠内全体的にスギノキミドリイシの増加が目立つ。また、枠左下
    のコリンボース状ミドリイシ類の成長も顕著である。枠内のサン
    ゴ被度は50%近くまで回復する。1998年に死滅したコリンボース
    状ミドリイシ類の骨格は、まだ存在が認められる。


2003/06
  調査直前に襲来した大型台風の波浪により、スギノキミドリイ シの半分ほどが消失し、被度は前年の50%から30%に減少する。 また、枠左中央よりやや下側にあったウスエダミドリイシは死滅 している。一方、中央やや左よりの場所に枝状ミドリイシ類の1 群体が急激な成長を見せている。