ホームーページに戻る

 
 
K1 黒島港前--(44-45m) 
水深(満潮観測時の平均水深)1.8m
    この地点のサンゴ群集動態の概要
      年ごとに枠位置のズレがあるが、基本的にはトゲスギミ
    ドリイシの大型群体を枠中央に配した地点である。本群体
    は1999年冬季の寒波、2001年夏季高水温などで壊滅状態に
    追い込まれ、枠内被度も1998年をピーク(70%)に現在は
    15%程度に激減している。


1994/07
  他の年と枠位置が全く異なる。本地点の枠標準位置は 1996年7月の画像とする。
1995/07
 中央にトゲスギミドリイシの大型群体があり、その周囲 にはオヤユビミドリイシなどのミドリイシ類が散見される。 被度はおよそ50%。
1996/01
 (1996/07 参照)
1996/04
 (1996/07 参照)
1996/07
 ミドリイシ類が順調に成長している。中央にある大型群 体はトゲスギミドリイシ、その左上と左下はコユビミドリ イシ、左上隅はオヤユビミドリイシ、左下隅はトゲマツミ ドリイシ、その右横はハナガサミドリイシである。被度は およそ65%。
1996/10 
  枠位置がまったく異なる。画像無効。
1997/02
  枠位置がまったく異なる。画像無効。
1998/01
 1996年夏季と大きな変化は認められないが、枠外右側に あったハナヤサイサンゴ類(おそらくチリメンハナヤサイ サンゴ)の1群体が消失している。被度はおよそ70%。

1998/July/01
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    本映像は方形枠設置点から左上に50cmほどずれている。
    ミドリイシ類を主体とした高被度の場所で、概して枝状
    ミドリイシ類群体は大型であるが卓状ミドリイシ類は小
    型である。

1999/Feb/18
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    サンゴ群集の概況は1999/July/07を参照。
         

1999/July/07
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    昨夏の白化被害は軽微。枠内には、上方と下方左側にト
    ゲスギミドリイシが、中央左側にトゲマツミドリイシが、
    その右側にハナガサミドリイシが、それを取り囲む形でコ
    ユビミドリイシの複数群体が、そしてそれらの下側にはイ
    ボハダハナヤサイサンゴがそれぞれ分布する。枠内被度は
    およそ60%である。

2000/Jan/24
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    昨12月の寒波被害が枠内上方のトゲスギミドリイシ(群体
    全体の30%斃死)、およびその下側のトゲマツミドリイシ
   (20%斃死)で認められる。

2000/Aug/24
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    1月と大きな変化は見られない。寒波で斃死したトゲスギミ
    ドリイシの回復は進むが、トゲマツミドリイシではそれは
    見られない。

2001/June/27
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    枠内中央やや右下にあったコユビミドリイシの2つの小型群
    体が見られなくなっている。また、残存する本種の大型群
    体やその左隣のハナガサミドリイシは、群体全体の半分ほ
    どが斃死している。これらにも寒波の影響があったのかも
    しれない。さらに、これらのサンゴの下側のイボハダハナ
    ヤサイサンゴは、基盤から剥がれ転がっているように見え
    る。枠外右上のハナバチミドリイシは成長が顕著である。

2002/Oct/3
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    昨夏の白化被害は軽微であったように思われるが、枠内中央
    や右下のコユビミドリイシの生残部は昨年よりもさらに減少
    している。枠内に関しては、サンゴの増加は進まない。


2003/06
  前年と大きな変化は見られない。枠位置を補整した地点の 被度はおよそ15%。