ホームーページに戻る

 
 
K1 黒島港前--(19-20m) 

 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)1.9m
 サンゴ群集動態の概要

      ヒメアナサンゴモドキ、ハナバチミドリイシ、チリメン
    ハナヤサイサンゴが優占する地点で、1996年時の被度は60
    %であったが、ハナバチミドリイシは1997年冬季までに完
    全斃死し、ヒメアナサンゴモドキとチリメンハナヤサイサ
    ンゴは2003年6月の台風で消失した。また、これらのサン
    ゴ以外では2000年からトゲスギミドリイシの生育が目立ち、
    2002年には最優占種となったが、本種も2003年の台風によ
    り大部分が消失した。


1994/10
  枠内上側にオヤユビミドリイシ、中央にヒメアナサンゴ モドキ、中央右にオヤユビミドリイシ、中央左にハナバチ ミドリイシ、右下にチリメンハナヤサイサンゴが認められ、 被度はおよそ50%である。ハナバチミドリイシやヒメアナ サンゴモドキの形が歪なことから、前年に台風波浪の影響 を受けた可能性が持たれる。
1995/07
  ハナバチミドリイシは成長が認められるが、前年と比べ 大きな被度変化は見られない。
1996/01
  (1996/07 参照)
1996/04
  (1996/07 参照)
1996/07
  サンゴ類の成長は顕著で、被度はおよそ60%に上昇。枠 内中央のヒメアナサンゴモドキの右横には枝状ミドリイシ 類が育ってきている。
1996/10 
  (1996/07 参照)
1997/02
  枠内左側にあったハナバチミドリイシは完全に斃死して いる(原因不明)。上側のオヤユビミドリイシやクシハダ ミドリイシは成長が顕著である。被度は50%に減少。
1998/01
  昨夏からの大きな変化は認められない。

1998/07
 昨夏からの大きな変化は認められない。

1999/02
 (1999/07 参照)


1999/07
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    本地点における昨夏の白化被害はヒメアナサンゴモドキに
    集中したようで、枠内上部にある2つの本種群体のうち、上
    側の小群体は90%が、その下側の大群体は40%がそれぞれ
    斃死した。なお、本群体の基盤となるクシハダミドリイシ
    骨格は、昨夏の白化以前に斃死したものである。その他の
    サンゴは健在で、枠内下方にはクシハダミドリイシの小群
    体、枠内右側にはイボハダハナヤサイサンゴが見られる。

2000/01
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    昨12月の寒波により、枠内左下のクシハダミドリイシに被
    害が生じたが(群体の40%が斃死)、その他のサンゴへの
    被害はほとんど認められなかった。1998年の白化で被害を
    受けたヒメアナサンゴモドキの2群体は、若干の回復が見ら
    れる。また、枠内上部右側と下部右側のトゲスギミドリイ
    シの成長が顕著である。

2000/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    1月と大きな変化は見られない。

2001/06
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    クシハダミドリイシやトゲスギミドリイシの成長により、
    枠内被度の増加が進む。枠内上方にあったヒメアナサンゴ
    モドキの小型群体が消失。

2002/10
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    トゲスギミドリイシの増加が著しく、枠内被度は60%ほど
    に上昇。


2003/06
  調査直前に襲来した大型台風の影響により、枠内のほと んどのサンゴ類が消失し、被度は15%ほどに激減。