ホームーページに戻る

 
 

K1 黒島港前--(14-15m)

 
この位置の概要
 
 水深(満潮観測時の平均水深): 2.1m          
 サンゴ群集動態
       被度変化(最低:1999年20%、最高1996年95%)や組成変化
  (卓状ミドリイシ類主体から枝状ミドリイシ類主体)の激しい地
    点である。本地点のサンゴ群集を大きく攪乱した要因としては、
    1997年の原因不明の斃死、1998年の白化現象と台風波浪、2003
    年の台風波浪などである。ミドリイシ類の新規加入や成長は良
    好である。


1994/10
  枠内上側と下側にクシハダミドリイシ(卓状)があり、その 間にはハナヤサイサンゴ類の2群体が認められる。左枠外には ハナバチミドリイシ(卓状)が見られる。被度はおよそ60%。 画像に見られる卓状のミドリイシ類は群体周縁が角張っている ことから、前年に台風波浪の影響を受けて破損した可能性が持 たれる。枠内の黒色の生物はシカクナマコ。
1995/07
  クシハダミドリイシの成長が著しく、被度は70%に上昇。ま た、上下クシハダミドリイシの間には枝状のミドリイシ類が認 められる。枠外下側のクシハダミドリイシ群体上にはイタアナ サンゴモドキが見られる。
1996/01
  (1996/07参照)
1996/04
  (1996/07参照)
1996/07
  ミドリイシ類の成長は顕著に進み、枠内の大部分を占めるク シハダミドリイシと枠外にあったハナバチミドリイシが重なり 合うようになる。被度はおよそ90%に上昇。
1996/10
  (1996/07参照)
1997/02
  ミドリイシ類の成長はさらに進み、枠内のほとんどを生きた サンゴが占める(被度はおよそ95%)。枠中央左のトゲスギミ ドリイシの成長は特に顕著で、本群体は以前よりそこにあった ヒメアナサンゴモドキを駆逐しているように見える。
1998/01
  枠内の大部分を占めていたクシハダミドリイシの6割(枠内 では4割)が斃死している。この原因は不明。被度は70%に低 下。

1998/07
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    付近のサンゴ被度は70%ほどで、画面右下には見事なハナバチ
    ミドリイシが見られる。立体枠の下にあるのはクシハダミドリ
    イシで、本群体は本種と思われる大きな死滅群体の上に生育し
    ている。立体枠の下に見えるのはイタアナサンゴモドキ、上に
    見られるのはクシハダミドリイシである。

1999/02
      立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    サンゴ群集の概況は1999/July/07を参照。
         

1999/07
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    大型のハナバチミドリイシの右側と方形枠上方にあったクシハ
    ダミドリイシが消失している。方形枠中央のクシハダミドリイ
    シや枠内右上にあった小型のクシハダミドリイシは前年の白化
    被害に遭い斃死している。枠中央のヘラジカハナヤサイサンゴ
    および枠外下側のイタアナサンゴモドキは健在である。枠内被
    度は15%程度に激減。

2000/01
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    寒波による影響はほとんど見られない。枝状ミドリイシ類の増
    加が目立つ。

2000/08
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    1月と大きな変化は見られない。

2001/06
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    枠中央のヘラジカハナヤサイサンゴおよびイタアナサンゴモド
    キの成長が顕著である。イタアナサンゴモドキの左隣にはヒメ
    マツミドリイシの、方形枠外の下左横にはコリンボース状ミド
    リイシ類のそれぞれ加入小型群体が認められる。

2002/10
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    ヘラジカハナヤサイサンゴとトゲスギミドリイシの成長が著し
    い。また、前年に加入が確認されたヒメマツミドリイシおよび
    コリンボース状ミドリイシ類の成長も顕著である。さらに、ヒ
    メマツミドリイシの下側には新たに着生したクシハダミドリイ
    シ(?)も認められる。昨夏の白化の影響は軽微である。


2003/06
  調査直前に襲来した大型台風の影響により、トゲスギミドリ イシが破損し、また、枠中央右下にあったオヤユビミドリイシ は消失。一方、その他のミドリイシ類や枠下側のヒメアナサン ゴモドキの成長は顕著で、被度は昨年よりおよそ5%少ない35 %となる。