ホームーページに戻る

 
 
K1黒島港前--(9-10m)

この位置の概要
 
 水深(満潮観測時の平均水深): 2.0m          
 サンゴ群集動態
     調査を開始した1994年はやや荒涼とした地点であったが、枠内左下に
  あったサモアミドリイシや新規定着した複数種のミドリイシ類の成長に
  伴い、被度は年々増加し、1998年夏には全観察期間内におけるピーク
 (40%)を迎える。この時点での優占種はサモアミドリイシである。1998
  年夏季の白化現象ではクシハダミドリイシを中心に斃死が起き、被度は
  30%に低下。その後に生じた複数のイベント(1999年末の寒波、2001年
  夏季の白化現象、2003年6月の大型台風)による被害は軽微であったが、
  優占種であった大型のサモアミドリイシ群体が2000年冬季からテルピオ
  ス(黒色被覆型カイメン)による被害を受け、この被害は徐々に拡大し、
  2001年夏季には群体全体がほぼ斃死するに至った。その後、他のミドリ
  イシ類は順調な成長を見せ、2003年夏季には被度35%に回復している。


1994/10
  被度は20%程度で、被覆状のサンゴが主体をなし、荒涼とした印象を 受ける。枠内上側にある紫色のはコモンサンゴ類?、中央下のはカンボ クアナサンゴモドキ、左下隅のはサモアミドリイシ。前年に着底したと 思われるミドリイシ類の新規加入群体が散見される。

1995/07
  1994年に着底したミドリイシ群体は成長が認められる。被度は前年と あまり変化なく、20%程度。

1996/01
  これまでと枠位置が大きくずれている。(画像を削除した方がよい)。

1996/04
  (1996/07参照)

1996/07
  ミドリイシ類の成長が顕著であるが、枠内中央下にあったカンボクア ナサンゴモドキは縮小している。被度はおよそ30%に上昇。

1996/10
  (1996/07参照)

1997/02
  ミドリイシ類に成長が認められるが、被度は昨夏と大きな変化はない。

1998/01
  (1998/07参照)

1998/07
  立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
  サンゴ被度は40%ほどで、大型のスギノキミドリイシ群体(画面下側)
  と複数の小ぶりのクシハダミドリイシ群体が見られる。

1999/02
  立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
  サンゴ群集の概況は1999/July/07を参照。

1999/07
    1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
  前年の白化被害は顕著で、枠内にあるクシハダミドリイシのほとんどが
  斃死しほか、中央のコリンボース状ミドリイシ類、枠外右下のコユビミ
  ドリイシも斃死が認められた。ただし、枠下側の大型のスギノキミドリ
  イシは健在であった。

2000/01
    1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
  寒波による影響はほとんど見られない。枠内右上方のクシハダミドリイ
  シと枠内左上のヒメアナサンゴモドキ、および枠外右上と左上のハナバ
  チミドリイシの小型群体の出現が目立つ。

2000/08
    1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
  前年に目について小型群体は順調な生育を見せる。枠下側の大型スギノ
  キミドリイシの中央部にカイメン類の一種(テルピオス類)が着生し、
  指部が目立つ。

2001/06
    1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
  小型群体は順調に成長が進むが、枠外左上にあったハナバチミドリイシ
  は消失した(本年の方形枠は昨年より15cmほど上方にシフトしている)。
  枠下側の大型スギノキミドリイシは完全にテルピオス類に覆われ、斃死
  している。

2002/10
    1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
  昨夏の白化の影響は軽微である。卓状ミドリイシ類の小型群体の成長が
  目立つ。被度は30%程度である。


2003/06
  調査直前に襲来した大型台風の影響は軽微で、クシハダミドリイシや ハナバチミドリイシなどのミドリイシ類の成長により、被度はおよそ35 %に増加。