ホームーページに戻る

 
 
K1黒島港前--(4-5m)      
この地点の概要
 
 水深(満潮観測時の平均水深): 2.3m          
 サンゴ群集動態

      調査を開始した1994年は被度が低く荒涼とし、過去数年内
    に何らかの攪乱を受けた印象を持つ。ただし、前年に複数種
    ・複数個体のミドリイシ類が定着し、それらの成長に伴い被
    度は年々増加した。1998年夏には全観察期間中におけるピー
  ク(60%)を迎える。この時点の優占種は1993年に定着した
  クシハダミドリイシとトゲスギミドリイシである。1998年夏
  季に高水温により白化現象が生じ、クシハダミドリイシの大
  部分が斃死して、被度は30%に低下。その後に生じた複数の
  イベント(1999年末の寒波、2001年夏季の白化現象、2003年
  6月の大型台風襲来)による被害は軽微で、トゲスギミドリ
  イシ、クシハダミドリイシ、およびオヤユビミドリイシなど
  の成長により被度の回復が進み、2003年夏季の時点での被度
  は55%に達する。

1994/10
  被度は15%程度と低く、小型の塊状サンゴ類が主体をなし、 荒涼とした感がある。枠内右上と枠中央下にはクシハダミド リイシが、左下にはヒメアナサンゴモドキが認められる。な お、前年に着底したと思われるミドリイシ類の新規加入群体 が散見される。中央下の黒色の生物はシカクナマコ。
1995/07
  被度は15%程度で前年と変化はないが、枠内左下のヒメア ナサンゴモドキは成長が認められる。
1996/01
 (1996/07参照)
1996/04
 (1996/07参照)
1996/07
 ミドリイシ類の加入群体の成長が顕著で、被度はおよそ25 %に上昇。
1996/10 
 (1996/07参照)
1997/02
  1993年に定着したミドリイシ類の加入群体は順調に成長し、 特に枠内中央左のトゲスギミドリイシは顕著で、本群体は以 前よりそこにあったヒメアナサンゴモドキを駆逐しているよ うに見える。被度はおよそ35%に上昇。
1998/01
  1993年定着のミドリイシ類は順調に成長し、そのうちのク シハダミドリイシ(卓状)とトゲスギミドリイシ(枝状)は 優占種となる。被度はおよそ50%に上昇。
1998/07    立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。 サンゴ被度は60%ほどで、クシハダミドリイシが優占する。

1999/02
   立体枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    サンゴ群集の概況は1999/July/07を参照。

1999/07
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    前年の白化被害は顕著で、クシハダミドリイシの7割が斃死
    し、方形枠内の被度は30%ほどに半減した。コユビミドリ
    イシのいくつかも斃死したが、その他のサンゴの被害は軽微。

2000/01
   1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    寒波による影響はほとんど見られない。1998年の白化で斃
    死したクシハダミドリイシ骨格が目立つ。

2000/08
   1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    トゲスギミドリイシとヒメアナサンゴモドキ(枠内右下)
    の成長が目立ち、被度は40%ほどに回復する。枠内中央や
    や左側に見えるドーム上のサンゴはコブハマサンゴで、そ
    の左上にシラナミガイ(シャコガイの一種)が接している。

2001/06
   1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    前年に枠内中央で見られたクシハダミドリイシ、および左
    上部付近のトゲスギミドリイシは消失した。枠内左下のト
    ゲスギミドリイシと右下のクシハダミドリイシの成長が目
    立つ。

2002/10
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    枠内中央付近のトゲスギミドリイシの消失によって、半ば
    隠れていたコブハマサンゴが露わになる。クシハダミドリ
    イシおよびハナガサミドリイシの顕著な成長によって、被
    度は50%ほどに上昇する。


2003/06
  この年の調査直前に襲来した大型台風の波浪により、ト ゲスギミドリイシやクシハダミドリイシの群体の一部が破 損。しかしながら、枠内上側のオヤユビミドリイシやクシ ハダミドリイシの成長により、被度は昨年より5%ほど上 昇しおよそ55%に達する。