ホームーページに戻る

 
 

撮影方法

  に示すように、黒島港北(K1)と阿名泊前(K2)にある
細長い離礁地形の中央線上に、それぞれ長さ50mの測線(トラ
ンセクト)を設けます。測線の始点から5mごとの点で測線の
左右に、長さの尺度としてコドラ−ト(方形枠)を置き、水
中カメラ(下のような)ニコノス-Vに, UW二ッコール20mmまた
は同15mmのレンズをつけて撮影します。フィルムにはASA感度
400のスライドフィルムを用いました。1996年10月年以降は、
カメラを2台並列させたステレオ撮影を行いました。
                           
               

              船上で撮影機材をチェックする。

       
        
         前年画像と比較しながらコドラートを置く。

 コドラ−トは1997年までは1m×1mの塩化ビニール製、1998年
には3次元的な尺度を入れ込むため、各辺0.5mのサイコロ型の
ものを使いましたが、1999年からは1m×1m×0.5mの立体的な枠
を使いました。測線を永久固定とするために、両端に塩ビのパ
イプマーカーを固定するとともに、5m間隔で黄色ビニールロー
プマーカーを固定し、これらのマーカーを頼りに、毎回、前年
撮影の写真と見比べながら(巻尺)を張り、調査終了後撤去し
ました。
 撮影は可能な限りコドラート真上から行うようにしましたが、
低潮時にはどうしても斜め上方から俯瞰する形になりました。

   水中ステレオカメラで撮影。 



   撮影と平行してサンゴ種類・分布
状況を記述する。


画像処理の方法

 スライドフィルムを フォトCD(KODAK規格)に保存します。こ
のフォトCDからとりだせる5段階の分解能(画素数)のうち、
768×512画素のものを選び、さらに2つの画像を左右に並べて
1024×768画素のモニターに収まるよう、480×320画素に変換
しました。
 水中では、可視光のうち、赤に近い(波長の長い)光ほど吸
収されているので、原画像は青みがかった色調に なっています
。そこで、ADOBE Photoshopの「自動レベル補正」機能で色調を
補正して表示しました。
 ステレオ画像表示をする際には、「画像選択」のページで指
定画像名をクリッ クすると、ジャバアプレット機能により左眼
・右眼の画像が同時に並列して表示されます。