ホームーページに戻る

 
 

調査地の概要--黒島港北(K1)


1. 地形環境  
  黒島港(島の北)の北方約1km沖にある離礁群のうちの1
つの上部です。位置は北緯24°15' 32.7"、東経123°59' 
58.0"です。測線は東から西にのび、測線下の水深(満潮時)
は平均約2.0mで1.3〜2.9mの範囲にあります。透視度は常
時良好で、潮通しもよく、ボートスノーケリングポイント
として黒島のみならず石垣島からもダイバーが訪れます。
2. 近年のサンゴ群集の動態
  以下の記述では、サンゴ群集量を、生きたサンゴの被度
(以下単に被度と呼ぶ)によって表しています。被度の算出
は、画像取得が始まる前の1993年まではスポットチェック
法(15分間のスノーケリングによる目視観察)、1994年以
降はこの画像により行いました。
  この地点では、1980年以前は高密度なサンゴ群集が存在
していましたが、沖縄本島より遅れて1981年前後にオニヒ
トデの食害に遭い、調査地一帯のサンゴ群集は全て消失し
ました。
  1985年頃よりサンゴの新規定着が目立つようになり、
1990年には被度20%、1994年には40%、1998年夏季前には
65%にまで回復しました。しかしこの年をピークにして次
のような様々な撹乱が起こりました。
1.1998年夏季:異常高水温による白化現象
2.1999年冬季:異常寒波による凍死
3.2001年夏季:異常高水温による白化現象
4.2003年6月:大型台風の波浪によるサンゴ破壊・消失
このため、サンゴの被度は、2000年(55%)、2002年(52%)、
2003年(44%)と、年々減少傾向を示しています。なお、こ
の減少傾向はアナドマリ前(K2地点)に比べると緩やか
です。
3. サンゴ組成
 卓状ミドリイシ類と枝状ミドリイシ類のコントラストの
美しい海域ですが、種多様性も比較的高く、アナサンゴモ
ドキ類、ハナヤサイサンゴ類、コリンボース状ミドリイシ
類(放射状に短い枝を伸ばした低いドーム型のもの)なども
豊富に見られます。本調査地に出現する主な種は以下のと
おりです。なお、アナサンゴモドキ類は刺胞動物・ヒドロ
虫綱に属し、一般的なサンゴ類(イシサンゴ類:刺胞動物
花虫綱)とは異なる分類群ですが、サンゴ類と共通性が高
い(炭酸カルシウムの骨格を持ち成長が早い、共生藻を持
ち有機物を生産できる)ことから、ここではサンゴの仲間
として扱っています。             
 アナサンゴモドキ類
   ヒメアナサンゴモドキ、イタアナサンゴモドキ
 
 ハナヤサイサンゴ類
  イボハダハナヤサイサンゴ、ヘラジカハナヤサイサンゴ

 ミドリイシ科
 コリンボース状ミドリイシ類
    コユビミドリイシ、オヤユビミドリイシ、
    ハナガサミドリイシ

 枝状ミドリイシ類
    トゲスギミドリイシ、トゲマツミドリイシ

 卓状ミドリイシ類
    クシハダミドリイシ、ハナバチミドリイシ
               
 ハマサンゴ類
    コブハマサンゴ