ホームーページに戻る

 
 
このサイトでは

  近年世界的にサンゴ礁が劣化しつつあり、多様な海洋生物
の温床が失われつつあります。私達はサンゴがどのように成
長・変化しているかを客観的に記録し、それをサンゴ保全の
基礎資料とするため、沖縄県石西礁湖の黒島周囲に2つの
定線を設け、1994年から現在まで継続的に水中画像を撮影し
てきました。このサイトでは、それらを時系列的として閲覧
することが可能です。1998年からは2台のカメラによるステ
レオ画像としました。それぞれの画像には、各種サンゴの分
布状態などについての簡略な説明をつけました。
 画像取得期間中には、オニヒトデ食害からのサンゴの回復、
1998年夏の大規模白化などの大きな動きがあり、また「石西
礁湖地区自然再生推進事業計画」が策定されます。また、
2004年現在、オニヒトデが再び大発生の兆しをみせているこ
とが懸念されています。
 本サイトでは、画像時系列から、サンゴ間の競合白化現
象についての長期変化を判読した例を載せましたが、これら
はほんの一例で、利用される皆様によって様々なサンゴ変化
のシナリオが描かれることを願っております。
画像・データの使用条件
  研究所ホームページに係わる著作権とリンクについては
http://www.nies.go.jp/copy.htmlに示すとおりです。
 また、発表等に利用された場合には、
国立環境研究所の「サンゴ礁の水中画像アーカイブ」
(http://www.nies.go.jp/aquaterra/coral/)
よりダウンロードしたことを明記するとともに、発表先を以
下メールアドレスにお知らせ下さい。掲載事項に関するお問
合わせも同様にお願いいたします。お答えが遅れる場合もあ
りますが、その節はご容赦ください。

ご注意
 なお、サンゴの種の同定は骨格標本の精査によって行われ
ますが、種多様性が著しく高いうえに、異種間の形状の類似 
性も高いため、サンゴは分類が困難な動物群となっています。
 本サイトの説明では、種の同定を画像に頼る場合が多いため、 
厳密な同定にはいたってはおらず、登場する種名は、便宜的 
なものであることをご了承ください。