セミナーのトップページへ
生物多様性セミナー 2001年12月

Irreplaceabilityを用いた評価;”里山”の生物多様性

辻 宣行(生物個体群研究チーム)


オーストラリアのPresseyら(Pressey et. al. 1993, 994)によって保全のための 指 数、irreplaceabilityが提案されている。この指数は、ある領域において、 その中の 特定部分が領域全体の種数保全についてどの程度重要かを示すものである。 茨城県、 栃木県の43個の約10Kmメッシュの植生データを、森下のCλに従い 6個にまとめ、おの おのの点を(自然度、開墾度、都会度)の3つのパラメータ空間に 表した。自然と開 墾の中間に属する里山が、本当に保全のために重要かどうかを、 Irreplaceabilityに よって評価した。