ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生物多様性の景観的および遺伝的側面とその観測手法に関する研究(平成 23年度)
Research Project on Observation and Evaluation of Landscape and Genetic Aspects of Biodiversity

研究課題コード
1115AA051
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
景観,土地利用,遠隔計測,遺伝子判別,バーコード遺伝子,遺伝的距離
キーワード(英語)
landscape, land use, remote sensing, genotyping, DNA barcode, genetic distance

研究概要

生物多様性の評価・予測・保全には、生物種が好む環境の景観的要素と環境と生物との関係を規定する生物種の遺伝的属性とを多様な生息環境にわたって観測することが欠かせない。本プロジェクトでは、このような観測を実行し、同時にその効果的な手法をあみだしていくことを目的とする。サブテーマ1"リモートセンシングによる生物多様性の景観的基盤の解明と手法開発"において、地図・衛星画像・空中写真・インターネットカメラ画像等を活用して歴史的及び現時点での地理情報の整備を行うとともに、発展する遠隔計測の技術を採用して景観を詳細かつ迅速に観測する手法の開発・考案に取り組む。サブテーマ2"遺伝子分析による生物多様性の遺伝的基盤の解明と手法開発"においては、遺伝子分析によって、生物多様性の歴史的および現時点での分布形成過程を解明するとともに、発展する遺伝子分析技術を取入れて生物多様性の定量的評価手法を開発・考案する。

今年度の研究概要

[サブテーマ1]
生物多様性分布評価・予測の観点から、緑地・土地利用分布図の分類項目・精度を整理し、分布図の整備方針を決定し、分布図の作成及び収集を行う。また新規の遠隔計測及び解析技術を導入し、生物多様性評価に必要な技術の提供を行う。
[サブテーマ2]
(1)環境試料からの藻類抽出法検討、遺伝子解析領域と藻類分類群に対する特異性検討、解析に用いる制限酵素の選定を行い、対象藻類の1部に対しては種内系統群の遺伝的定量法を確立する。
(2)ユスリカ主要100種について種判別用遺伝子塩基配列情報を収集し、分子系統的に種判別するとともに、水域毎の多様性評価手法の開発案を作成する。
(3)種判別に用いる遺伝子の塩基配列判別手法の間便化を進めるとともに、塩基配列の差異に対する解析手法の感度変異の検討を始める。
(4)淡水魚の博物館標本を借用などで収集し、全国的な系統地理集団の分析の準備を進める。
(5)都市生態系の生物多様性と緑地との関連を解明するために、チョウ類を材料に代表的種の緑地間移動頻度を推定する。

課題代表者

高村 健二

  • 生物・生態系環境研究センター
    琵琶湖分室(生物)
  • フェロー
  • 博士 (理学)
  • 生物学
portrait

担当者