ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生態系評価・管理のための流域詳細情報の整備(平成 18年度)
Construction of GIS database for watershed ecosystem management

予算区分
AK
研究課題コード
0610AK526
開始/終了年度
2006~2010年
キーワード(日本語)
地理情報システム
キーワード(英語)
GIS

研究概要

流域生態系の現状把握、これに影響を及ぼすリスク要因の解明及びその総合管理に資するため、流域を対象として土地被覆、標高、植生、生物、化学物質、人間活動などに関する詳細情報をGISデータ基盤として整備する。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:

全体計画

初年度については、多数のため池を有する兵庫県南西部について、土地被覆、標高、植生などに関する詳細情報をGISデータとして整備する。
次年度以降については、生物情報や人間活動などのデータベースの充実をはかるとともに、他の流域についての検討も行う。

今年度の研究概要

生態系の現状把握、これに影響を及ぼすリスク要因の解明及びその総合管理に資するため、多数のため池を有する流域を対象として土地被覆、標高、植生などに関する詳細情報をGISデータ基盤として整備する。

備考

「当課題は重点研究分野(3)-4.にも関連」

課題代表者

高村 典子

  • 生物・生態系環境研究センター
    琵琶湖分室(生物)
  • フェロー
  • 学術博士
  • 生物学
portrait

担当者