ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

国立公園等の生態系及び生態系サービスへの気候変動影響に関する調査(平成 31年度)
Climate change impacts on ecosystems and ecosystem services for conservation areas

予算区分
MA 委託請負
研究課題コード
1719MA003
開始/終了年度
2017~2019年
キーワード(日本語)
気候変動,適応策,国立公園
キーワード(英語)
climate change, adaptation measures, national park

研究概要

近年,国立公園等の自然保護区における生態系及び生態系サービスへの気候変動による深刻な影響が観測されている.4地域における生態系及び生態系サービスを対象に,気候変動による影響評価を実施し,実現可能な適応策を具体的に検討する.

研究の性格

  • 主たるもの:行政支援調査・研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

【調査方針】
国立環境研究所 生物・生態系環境研究センターを中心に環境省,地方環境事務所,自治体等のご協力にもと,本調査を実施する.
調査結果を地域での適応計画の策定に資する資料とする.

【調査内容】
現地関係者や有識者へのヒアリング結果にもとづいて調査対象とする指標を選定する.
影響評価モデルの作成,試験的な影響評価を実施する.

今年度の研究概要

将来予測結果に基づいて、対象とする保護区の保全や利用に関する適応策を検討する。

課題代表者

山野 博哉

  • 生物・生態系環境研究センター
  • センター長
  • 博士(理学)
  • 地理学,地学,理学
portrait

担当者