ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

BOCM-MRVの能力向上のためのアジア低炭素成長戦略・低炭素ロードマップ策定支援委託業務(平成 24年度)
Project on Capacity development of Bilateral Off-set Credit Mechanism (BOCM) -MRV towards the development of low carbon growth strategies and their roadmap in Asia

予算区分
MA 委託請負
研究課題コード
1212MA003
開始/終了年度
2012~2012年
キーワード(日本語)
将来シナリオ,モデル,低炭素社会,人材育成
キーワード(英語)
future scenario, model, low carbon society, capacity building

研究概要

アジア諸国の低炭素社会づくりに向けた政策・技術ロードマップや低炭素成長戦略の策定を支援していくことを目的とする。そのため、対象とする地域ごとの社会経済事情や発展段階を十分に考慮した政策・技術ロードマップの策定や、これまでの国内外でのモデル研究、政策評価研究の成果を活用した低炭素化技術の優位性分析や、削減ポテンシャル算定手法の開発を目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:行政支援調査・研究
  • 従たるもの:

全体計画

タイ及びインドネシアを対象に、各国の将来シナリオの作成の支援を目的として、各国研究者や政策担当者との意見交換を通じて、技術選択モデルのカスタマイズを行うとともに、レーニングマニュアルを改訂を行う。

今年度の研究概要

同上。

外部との連携

本課題はみずほ情報総研より委託を受けたものであり、そのほか、京都大学、地球環境戦略研究機関と共同で行っている。

備考

地球温暖化研究プログラムPJ3に関する課題である。

関連する研究課題

課題代表者

増井 利彦

  • 社会環境システム研究センター
    統合環境経済研究室
  • 室長
  • 博士(工学)
  • システム工学,土木工学,経済学
portrait

担当者