ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

低炭素社会を実現する街区群の設計と社会実装プロセス(平成 24年度)
Design and implementation process of building blocks for realizing low carbon society

予算区分
BA 環境-推進費(委託費) E-1105
研究課題コード
1113BA006
開始/終了年度
2011~2013年
キーワード(日本語)
低炭素,街区,エネルギーシステム,資源循環
キーワード(英語)
low carbon, city block, energy system, resource circulation

研究概要

日本においてCO2排出量長期大幅削減を着実に達成するためには、各種要素技術の革新はもとより、それらの配置を規定し、生活・生産活動に影響を与える都市・地域の空間構造を低炭素型に再構築することが不可欠である。従来はマクロな都市圏規模を対象とした研究が多く、要素技術を実際の場(空間構造)にどのように配置しシステムとして組み上げていくことが、全体として低炭素社会の実現に結びつくかという問への解答を提供することができなかった。そこで、個別要素技術を実物スケールで扱うことができる「街区群」(街区は「街路に囲まれた一区画」を指す)を評価スケールとして設定し、目指すべき空間構造の条件と具体デザインを評価するシステムを、ライフサイクル思考に基づいて構築し、実際の都市空間の評価に適用していく。さらに、示された低炭素街区群の実現に向けた諸課題の整理、社会経済制度見直しの方向性を見出し、実際に提言としてまとめるための調査研究を実施する。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

日本の都市・地域を2050年に向けて低炭素対応型に漸次変更していくために、都市・地域を構成する小単位である「街区群」を対象として、目指すべき空間構造の条件と具体デザインを示すとともに、これらを規定する社会経済制度をいかに見直し、実社会において実現していくべきかを検討する方法論を構築する。
  平成25年度に規模や建物用途等などに応じた、エネルギー面から見て最適な低炭素街区群の設計方法を提案する。既存施設を有効利用し、リサイクルのための追加的施設建設は最小限に抑えながら、長期的にも費用対効果に優れたシステムとなり得るかを評価し、その社会への導入手順提案に結びつける。

今年度の研究概要

街区群の特性に基づき、将来像実現シナリオに基づき、再生エネルギー導入時の需給を平準化することにより、なるべく小さなインフラ投資で、低炭素化が費用効率的に達成し得るかを評価するため、解析を詳細化する。
 街区特性に応じたエネルギーシステムの選定モデルを活用して、実際の都市を対象にしての適合性の高い地域エネルギーを計画してその効果を算定する。
 さらに、素材産業が有する幅広い循環技術の選択肢について導入条件を整理し、需給バランスの検討、素材産業との連携、都市活動との連携を踏まえたシナリオ設計と環境改善効果の算定を行うことで、都市産業共生を含めた地域での資源循環の計画と評価を行うシステムを構築する。
 森林システムについては既に開発された森林生態系物質循環モデルに、伐採から木質バイオマスチップ化までのコスト計算が行えるモデルを結合し、様々な管理シナリオでのバイオマスチップの生産量やそのコストについてシミュレーション計算を行う。

外部との連携

研究代表者:加藤博和(名古屋大学)
連携機関:名古屋大学、慶応義塾大学、地球環境戦略研究機関

備考

当課題は課題対応型の研究プログラム (7)-1 にも関連

関連する研究課題
  • 0 : 社会環境システム研究分野における研究課題

課題代表者

藤田 壮

  • 社会環境システム研究センター
  • センター長
  • 博士(工学)
  • 土木工学,システム工学,建築学
portrait

担当者