ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

資源循環・適正処理を支援する基盤技術研究(平成 23年度)
Study on fundamental technologies required for material cycles and waste treatment

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1115AQ033
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
廃棄物,循環資源,化学分析,バイオアッセイ,物性,化学形態,毒性,処理技術,リサイクル技術,品質規格,バイオマス,有害化学物質,バイオ燃料
キーワード(英語)
Waste, Circulative resources, Chemical analysis, Bioassay, Physicochemical properties, Chemical form, Toxicity, Treatment technology, Recycling technology, Quality standard, Biomass, Hazardous chemicals, Biofuel

研究概要

安全性を確保しつつ、更なる廃棄物の有効利用の推進には、循環資源・廃棄物に含有される有害化学物質と資源物質の同定、毒性、化学形態、物性に係る新規もしくは包括的な各種分析・試験・測定手法の開発が今後も必要である。これらの手法を開発するとともに、毒性等の評価手法の構築および成果の体系化を目的とする。また一方、より最適な廃棄物処理・有効利用に向けた提言を行うため,既存の処理技術全体のフローの整備や未利用な廃棄物,特に,廃棄物系バイオマスの性状把握を行いつつ,新規リサイクル技術さらには実用化に係る品質規格や基準策定に資する周辺技術の開発も行う。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

廃棄物・循環資源中の有害化学物質の検索と同定を進めるとともに,バイオアッセイを用いた包括的毒性評価と化学分画と組み合わせた毒性同定評価を行う。さらに、金属化合物等については、存在形態別分析・評価手法を開発する。有害化学物質とそれらの代替物質の物理化学パラメータの測定法と推算法ならびに実測データの健全性評価手法を開発し、各手法の体系化を図る.循環資源等の分離回収や貯蔵を設計するための相平衡データの測定とモデル化を行う。
廃棄物の破砕や焼却等の各種一次処理技術と残渣処理に係る二次処理技術の情報整備と基礎的な要素技術の開発を行い、循環資源の品質や環境安全性の確保の観点から最適な処理プロセスフローを検討する。未利用な廃棄物系バイオマスに対して燃料化とその周辺技術(性状・品質・安全性評価法および残渣処理)の開発を行うとともに,バイオマス度を測定することにより,処理や資源化過程におけるGHG排出に係る分析・評価手法も開発・提案する。

今年度の研究概要

液体クロマトグラフ四重極タンデム飛行時間質量分析計やエックス線吸収微細構造解析等を用いて廃棄物・循環資源中の有害化学物質や資源性物質の検索,同定,化学形態解明のための分析手法の開発を行う.バイオアッセイを用いた包括的毒性評価法を構築するための基礎的データを蓄積する.代替難燃剤や代替燃料の蒸気圧や粘性等の物性を測定しつつ,物性推算モデルの開発を進める.また,実測データの健全性評価法の開発に着手する.
廃棄物の破砕・選別技術や焼却・溶融処理技術に注目し、各一次処理技術から発生する破砕残渣、焼却残渣、溶融スラグ等に対する二次処理技術に係る情報整備する.低品質グリースの高度なアップグレード技術の最適化や燃料変換技術を開発するとともに,開発した技術を実証するための地域循環圏を設計する.また同時に,次世代バイオ燃料の品質規格や基準策定のためのバイオマス度の分析・評価法の開発に着手する.

外部との連携

京都大学,産業総合技術研究所,兵庫県立大,首都大学東京,日本大学,宮崎大,岩手県工業技術センター,福岡大学,北海道工業試験場

関連する研究課題
  • 0 : 資源循環・廃棄物研究分野における研究課題

課題代表者

倉持 秀敏

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    基盤技術・物質管理研究室
  • 室長
  • 博士(工学)
  • 化学工学,化学,工学
portrait

担当者