ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境と社会性行動異常の関連を探るための新規行動評価法開発(平成 23年度)
Development of new methods for detecting social impairments caused by environmental factors

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
1011AF005
開始/終了年度
2010~2011年
キーワード(日本語)
社会的知能,観察学習,個体識別能力,自閉症,広汎性発達障害
キーワード(英語)
Social intelligence, Observation learning, Individual recognition, Autism, Pervasive developmental disorders

研究概要

環境中化学物質が自閉症を含む広汎性発達障害(PDD)の発症に影響する可能性が疑われており、動物実験による影響評価が求められているが、症状の主因である対人(他者)理解の異常を検出できる動物行動評価法が存在せず、新たに開発する必要がある。本研究は汎用行動解析装置IntelliCageに組み込める信頼性の高い行動評価法の開発を目的とし、世界に通用する標準的試験法にまで発展させることを目標とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

自閉症を含む広汎性発達障害(PDD)の早期診断基準となる観察学習力/個体識別力をマウスで定量できる評価法を開発し、その信頼性を検証する。

今年度の研究概要

前年度の成果として学習向上に関わることが判明した社会的な手掛りが何であるのかさらに詳しく検討する為、A)空間学習経験群と未経験群の混合群、B)2つの未経験群同士の混合群、を作成し、”Bの未経験群では環境変化を誘導した場合低下する学習成績が、Aの空間学習経験群と混合した未経験群の場合には経験群から得られる社会的な手掛りを用いることで学習成績が低下しにくいのではないか”との仮説のもと、観察学習が空間学習においてどのような役割を果たすのか検討する。また、他にも当初予定していた観察学習力/個体識別力を定量できるようないくつかのプロトコルをマウスに適用する行動実験を行い、より短時間でより効率的な社会性行動異常の評価手法開発に努める。

課題代表者

前川 文彦

  • 環境リスク・健康研究センター
    生体影響評価研究室
  • 主任研究員
portrait