ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

海洋島における外来生物の駆除が生態系の物質循環に与えるインパクト(平成 23年度)
Impacts of expulsion of alien species on material flow in oceanic island ecosystem

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1012CD012
開始/終了年度
2010~2012年
キーワード(日本語)
外来種,物質循環,生態系モデル
キーワード(英語)
alien species, material flow, ecosystem model

研究概要

 多くの固有種を有する海洋島の生態系を保存する上で、外来種が大きな問題となっており、実際に小笠原諸島などでは外来種の駆除事業が行われている。外来種の中には、在来種と相互作用をしていたり、増殖して大きなバイオマスを持つようになったものも知られているが、これらを駆除した場合、物質循環を介して在来種の存続に影響がでる可能性がある。そこで本研究では、小笠原諸島において、外来種の駆除が物質循環を介して在来の生態系にどのような影響を与えるのかを明らかにする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:基礎科学研究

全体計画

 初年度は、実測値を必要としない仮想生態系モデルを構築し、外来種を除去が物質循環を介して生態系の種構成にどのような影響を与えるのかを明らかにする。次年度以降は、実測値を反映させながら、小笠原諸島のそれぞれの島の生態系を再現する生態系モデルを構築し、そのモデルを利用しながら複数の駆除シナリオを検討し、外来種駆除の影響を評価する。特に在来生態系を崩壊させるようなシナリオが見つかった場合は、そのシナリオの修正方法を模索する。

今年度の研究概要

 パラメータの調整、詳細な最適採餌理論の導入を行いながら、モデルをより現実に近いものとする。このモデルを用いてヤギなどを駆除するコンピュータシミュレーションを行い、その影響を解析する。

外部との連携

課題代表者:可知 直毅(首都大学東京)
研究分担者:平舘 俊太郎(農業環境技術研究所)
        川上 和人(森林総合研究所)

備考

生物・生態系環境研究センタープロジェクト「海洋島における外来生物の駆除が生態系の物質循環を介して在来種に与える影響」

関連する研究課題
  • 0 : 生物・生態系環境研究分野における研究課題

課題代表者

吉田 勝彦

  • 生物・生態系環境研究センター
    生物多様性保全計画研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (理学)
  • 生物学,地学
portrait