ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

統合評価モデル改良のための基礎的情報収集(平成 22年度)
Collection of data and information for improving integrated assessment model

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0610AE531
開始/終了年度
2006~2010年
キーワード(日本語)
統合評価モデル
キーワード(英語)
INTEGRATED ASSESSMENT MODEL

研究概要

社会環境システム研究領域 統合評価研究室では、環境と社会・経済活動を統合的に分析し、環境保全に資する施策を評価するためのツールである統合評価モデルの開発とその適用を主として行う。これまでに開発してきたモデルを拡張、改良するにあたっての参考事例として、これまでに世界の様々な研究機関で開発されている統合評価モデルを収集し、各種モデルの構造について相違点やモデルの活用事例を分析することを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

国立環境研究所で開発してきた統合評価モデルを拡張、改良するにあたって、学術論文、書籍、ホームページ等を通じて、関連する既存の統合評価モデルを収集、調査する。

今年度の研究概要

収集した情報をもとにしたモデルの拡張に取り組む。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

増井 利彦

  • 社会環境システム研究センター
    統合環境経済研究室
  • 室長
  • 博士(工学)
  • システム工学,土木工学,経済学
portrait

担当者