ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

中国におけるクリマアトラスを通じた都市熱環境配慮型都市開発の実現(平成 22年度)
Realization of urban development considering urban thermal environment based on Klimaatlas in China

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0810CD007
開始/終了年度
2008~2010年
キーワード(日本語)
熱環境,都市計画,中国,クリマアトラス,ワークショップ
キーワード(英語)
THERMAL ENVIRONMENT, URBAN PLANNING, CHINA, KLIMAATLAS, WORKSHOP

研究概要

わが国と体制・制度・自然条件の異なる中国の都市において、制度的有利性に依拠した形での、新たな都市開発の方向性を模索し、その成果をわが国をはじめとする世界各国の都市開発の現場へと還元しようとするものである。よって本研究では、中国の都市を対象としたクリマアトラスワークショップを実施し、都市の熱環境の悪化防止、あるいは改善を実現するような都市計画、さらには都市開発が具体の都市において実現することをめざす。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

中国におけるクリマアトラスワークショップの事例数を確保し、都市熱環境に配慮した都市開発の実現をめざすべく、実施可能な都市を選び、一連のワークショップを開催し、「ヒートアイランド緩和策」を盛り込んだ市街地の整備プランや、都市熱環境に配慮した開発指針、マスタープランなどの提案を行う。また、気象台などのルーチン観測資料を補う形で、高解像度の数値計算などを行う。

今年度の研究概要

今年度は数値計算を、メソスケールと街区スケールの両面から進めるとともに、7月の典型的暑熱日には対象地域3か所において、1週間程度の野外観測を実施する。同時に、収集されたデータをもとに、気候分析図ならび都市計画への提言マップなどを作製する。11月以降をめどに、数回のワークショップを武漢にて開催する。このワークショップへは、武漢市内の各種ステークホルダー(行政官、中国共産党幹部など)のみならず、中国全土より関連の専門家(都市計画、気象学など)を招聘し、具体の討論を行い、実際の都市計画決定に関与する。

備考

共同研究者:花木啓祐(東京大学)、泉岳樹(首都大学東京)、平成15〜18年度(2003〜2006年度)科研費にて関連課題を実施。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

一ノ瀬 俊明

  • 社会環境システム研究センター
    地域環境影響評価研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (工学) (東京大学)(都市工学専攻論文博士)
  • 土木工学,地理学
portrait

担当者

  • Likhvar Victoria