ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

エピジェネティクス作用を包括したトキシコゲノミクスによる環境化学物質の影響評価法開発のための研究(平成 21年度)
Studies to evaluate toxicityies of environmental chemicals focusing on their epigenetic effects

予算区分
AG 特別研究
研究課題コード
0710AG333
開始/終了年度
2007~2010年
キーワード(日本語)
エピジェネティクス,ヒ素,遺伝子発現,トキシコゲノミクス
キーワード(英語)
EPIGENETICS, ARSENIC, GENE EXPRESSION, TOXICOGENOMICS

研究概要

種々の環境化学物質について、胎児期曝露の影響が成長後に現れるなどの後発影響や、経世代影響の存在が疑われているが、そのメカニズムや曝露と影響の因果関係は多くの場合不明である。最近、基本的な生命現象として、また後発・経世代影響のメカニズムとして、「エピジェネティクス作用」による遺伝子機能の修飾の重要性が明らかにされつつある。本研究では、環境化学物質のエピジェネティクス作用について、実験動物において高感受性期や臓器・細胞特異性、標的遺伝子、および後発・経世代影響を明らかにする。さらに影響検出指標のヒトへの応用のため、影響のメカニズムとその動物種差について検討し、環境化学物質の後発・経世代影響を評価するための科学的基盤を明らかにすることを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

本研究では、無機ヒ素を中心に、実験動物においてそのエピジェネティクス作用に関して高感受性期や臓器・細胞特異性、標的遺伝子、および後発・経世代影響を明らかにする。さらに影響検出指標のヒトへの応用のため、影響のメカニズムとその動物種差について検討する。

今年度の研究概要

1)C3Hマウスの胎児期ヒ素曝露の実験系において、後年肝がんが増加する原因を明らかにするために、特に胎児期から若齢期を中心に無機ヒ素の影響とメカニズムに関して研究を行う。2)低メチル食+無機ヒ素投与によるDNAメチル基転移酵素発現低下のメカニズムや、DNMT発現低下とグローバルなDNAメチル化変化との関連を検討する。さらに、遺伝子または領域特異的なDNAメチル化変化の網羅的解析を行い、無機ヒ素で影響を受ける領域を明らかにするとともに、グローバルなメチル化変化と遺伝子・部位特異的なDNAメチル化変化の関係を明らかにする。また無機ヒ素のヒストン修飾に関してさらに検討を行う。

備考

共同研究者:塚原伸治(埼玉大学)

課題代表者

野原 恵子

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 学術博士
  • 医学,生化学,生物工学
portrait

担当者

  • 鈴木 武博環境リスク・健康研究センター
  • 立石 幸代
  • portrait
    小林 弥生環境リスク・健康研究センター
  • 柳澤 利枝環境リスク・健康研究センター
  • 西村 典子