ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

機会論に基づくマーケティングを応用した環境ボランティア獲得の為の情報システム(平成 21年度)
Development of information system for volunteer based on volunteer opportunity theory

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0709CD281
開始/終了年度
2007~2009年
キーワード(日本語)
ボランティア
キーワード(英語)
VOLUNTEER

研究概要

ボランティアの需要と供給の不釣合いをマーケティング的手法を用いて解消し、ボランティアの協力が必要でありながら十分にボランティアを獲得できない環境事業の推進手法を提示するとともに、ICTをベースにした具体的なボランティア獲得の仕掛けを構築することを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

第一に潜在的ボランティア候補者の特性を、マーケティング的手法により特定する。次にこのようにして特定したボランティア候補者に対する情報提供戦略を開発する。第三に、情報提供戦略に基いて、情報提供とヨシ刈り参加者の人事管理のための情報システムを構築する。第四に、実際に情報システムを運用し、ヨシ刈り事業への参加状況をモニタリングすることで、ボランティア候補者の特性像と、彼らへの情報提供戦略との見直しを行うとともに、他の環境事業への適用を視野に入れて、機会論に基づく環境ボランティア獲得手法の一般化を検討する。

今年度の研究概要

新たな機能を追加する。昨年度の調査で、ヨシ刈りに関心を持つ人が水上スポーツや山歩きに関心を持つことはわかっていたので、WWWから、佐鳴湖・浜名湖・アウトドアスポーツに関連する情報を、RSS等を用いて自動的に獲得する機能を加え、ヨシ刈り参加者の興味をひく情報が常に更新されるような機能を付与し、その効果を検証する。

備考

研究代表者:前田恭伸(静岡大学・工学部)

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動

課題代表者

森 保文

  • 社会環境システム研究センター
    環境政策研究室
  • 主席研究員
  • 博士 (農学)
  • 工学,心理学,農学
portrait