ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

グローバルなDNAメチル化変化に着目した環境化学物質のエピジェネティクス作用スクリーニング法の開発(平成 20年度)
Studies on method for detection of epigenetics effects of environmental chemicals focusing on global changes of DNA methylation

予算区分
BD 環境-環境技術
研究課題コード
0809BD003
開始/終了年度
2008~2009年
キーワード(日本語)
エピジェネティクス,環境化学物質,DNAメチル化
キーワード(英語)
epigenetics, environmental chemicals, DNA methylation

研究概要

環境化学物質の曝露が、生体の各種臓器においてエピジェネティクス作用を示すことを検出可能とするために、環境化学物質によるグローバルなDNAメチル化変化に着目したスクリーニング法を確立する。この研究によって、環境化学物質のエピジェネティクス作用を含めたリスク評価システムの構築に資する。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:基礎科学研究

全体計画

化学物質を投与したマウスの臓器について、1)比較的簡便に行えるMS-AP-PCR (メチル化感受性Arbitrarily primed PCR) 法や、より網羅性の高いMeDIP-Seq法などを用いて、DNAメチル化変化を検出可能とする方法の検討を行う。2)DNAメチル化やクロマチン制御と関連する因子群であるDNAメチル化酵素群、DNA脱メチル化酵素、メチル化DNA結合タンパク質群、ポリコーム蛋白質複合体群の発現変動を解析し、DNAメチル化変化と相関よく変動する因子の検討を行う。3)上記1,2)の結果を総合的に解析し、環境化学物質によるDNAメチル化変化スクリーニング法の提案を行う。

今年度の研究概要

無機ヒ素を投与したマウスの臓器について、MS-AP-PCR法、MeDIP-Seq法、メチル化DNA関連蛋白質群の発現変動解析によって、エピジェネティクス作用を検出するための方法の検討を行う。

備考

共同研究者: 広島大学 菅野雅元

課題代表者

野原 恵子

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 学術博士
  • 医学,生化学,生物工学
portrait