ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

オホーツク海沿岸環境脆弱域における油汚染影響評価とバイオレメディエーション実用化に関する研究(平成 19年度)
Oil spill impact assessment at environmentally sensitive coastal region of Okhotsk Sea, Hokkaido, and feasibility study for its bioremediation

予算区分
LA 共同研究
研究課題コード
0609LA557
開始/終了年度
2006~2009年
キーワード(日本語)
オホーツク海流出油
キーワード(英語)
Okhotsk Sea oil spill

研究概要

油汚染被害に対して特に環境が脆弱な地域について、地学的および生物的影響評価とリスク情報マップの整備を行う。有効な対応策である微生物による浄化法の実用化を図り、(独)海上災害防止センターの協力を得て対応マニュアルの整備を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

平成18年度・冬期のオホーツク海沿岸部における現場試験によるサハリン2産原油の微生物分解評価
平成19年度・初夏〜秋期における同上
平成19年度・初夏〜秋期におけるサハリン1産原油を供試材料とした同上

今年度の研究概要

昨年度実施した同様の現場試験を温暖な時期に実施している。

備考

共同研究機関:北海道立地質研究所、サロマ湖養殖漁業協同組合、北海道環境科学研究センター
課題代表者:濱田誠一(北海道立地質研究所・海洋地学部)

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(水土壌圏環境研究領域)

課題代表者

牧 秀明

  • 地域環境研究センター
    海洋環境研究室
  • 主任研究員
  • 工学博士
  • 生物工学
portrait