ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

シロイヌナズナの酸化的ストレスに対する新規な初期応答機構(平成 18年度)
A Novel Pathway of Early Response to Oxidative Stress in Arabidopsis

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0508AE772
開始/終了年度
2005~2008年
キーワード(日本語)
シロイヌナズナ,酸化的ストレス,シグナル伝達
キーワード(英語)
ARABIDOPSIS, OXIDATIVE STRESS, SIGNALING PATHWAY

研究概要

植物は外界から様々な環境ストレスにされており、その多くが植物内で活性酸素を生じさせることから酸化的ストレスに対する植物の応答機構の研究が重要視されている。植物の酸化的ストレスに対する研究は、比較的遅い反応(数時間〜数日)に向いており、その初期反応についての知見は得られていない。本研究ではストレス源としてオゾンを用い、植物の酸化的ストレスに対する初期応答機構に関する解析を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

H.17 シロイヌナズナへのオゾン暴露によるグルタチオン転移酵素(AtGST3)の初期発現に対する各種植物ホルモンの影響
H.18 AtGST3遺伝子の発現調節領域に存在するAntioxidant Responsive Element (ARE)の遺伝子組換え体による機能解析
H.19 H.18年度に作成した組換え体の解析、及び、カルシウム、リン酸化のAtGST3遺伝子の発現に及ぼす影響調査
H.20 タンパク質リン酸化遺伝子の突然変異体におけるAtGST3遺伝子の発現様式

今年度の研究概要

AtGST3遺伝子の発現調節領域に存在するAntioxidant Responsive Element (ARE)のこの遺伝子に対する初期発現誘導への関与を調べる目的で、AtGST3遺伝子の発現調節領域にレポーター遺伝子を繋いだコンストラクト及びAtGST3遺伝子の発現調節領域からARE領域を除いたものをレポーター遺伝子を繋いだコンストラクトを作製し、これらのコンストラクトをシロイヌナズナに導入する。こうして作製した組換え植物を用いて、オゾンによるAtGST3遺伝子の初期発現へのARE領域の関与について調べる。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(生物圏環境研究領域)

課題代表者

玉置 雅紀

  • 福島支部
    環境影響評価研究室
  • 主席研究員
  • 博士(農学)
  • 生物学,農学,生物工学
portrait