ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

鳥類細胞保存のアジア国際ネットワーク構築(平成 17年度)
Cryo-Phoenix Project in Asia and Eurasia

予算区分
CE 文科-振興費
研究課題コード
0507CE943
開始/終了年度
2005~2007年
キーワード(日本語)
希少鳥類, 凍結保存, アジア, ユーラシア, 国際共同研究, 標準化
キーワード(英語)
endangered birds, cryopreservation, Asia, Eurasia, international cooperative research, standardization

研究概要

絶滅の恐れのある鳥類種は年ごとに増加しており、環境省レッドデータブック掲載鳥類は137種・亜種にのぼる。更に、世界の9,797種の鳥類の12%にあたる1,186種が絶滅危惧種である。これらの野生鳥類の細胞・遺伝資源は未開拓の細胞資源であるものの、現在の鳥類細胞の保存技術は他の動物種の細胞保存技術と比較すると絶対的に遅れをとっている。この原因の最も大きなものは、つい最近まで鳥類細胞の長期培養法が開発されず、そのために鳥類由来の樹立細胞株も数種の遺伝子変異株以外に世界で存在しなかった点にある。つまり、鳥類細胞の培養法は不可能とされ、永年のあいだ開発努力がされないままとなっていた。1996年に至って我々が鳥類胚由来細胞の長期培養系を開発し、多くの細胞株を樹立することで、ようやく鳥類細胞の安定的凍結保存が現実的になった。ただし、この様な鳥類細胞培養法や凍結保存手法は未だ国際標準化されていないために、世界的に野生鳥類細胞の細胞保存に力点を置く研究組織・機関がない。本活動では将来的な個体増殖も視野に入れて野生鳥類細胞保存を行い、国境を越えた鳥類細胞保存ネットワークを構築して保存細胞の質の均一化を図るとともに国際的な細胞保存の危険分散を行う。そのため、中核機関をコアとして日本の枢要な研究施設とアジア・ユーラシア各国の研究期間との間で共同研究及び細胞保存ネットワークを構築して、希少種個体に負担をかけない程度の皮膚細胞の採取、その後の細胞培養による細胞増殖と、増殖細胞の効率的な凍結保存条件に関する国際的な標準化を行う。加えて、保存細胞を用いた希少野生鳥類個体増殖法開発に向けた基盤技術開発、将来に向けた持続的利用のために、鳥類細胞を用いたバイオテクノロジー応用分野を含めた国際共同研究開発を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

a. 鳥類細胞保存ネットワーク構築と持続的利用に関する研究
(1) 野生鳥類細胞の凍結保存に関わる技術の標準化鳥類の代表的な分類目の数種における細胞培養条件を検討して最適な培養法を確立し、凍結法と併せて国際標準手法として確立させる。
(2) アジア・ユーラシア地域の鳥類細胞保存ネットワーク構築アジア・ユーラシア地域の各国コア研究機関の連携と多国間共同研究のネットワーク構築のために技術・知見共有と開発、及び細胞保存の際の危険分散の際の問題点抽出と解決方法を検討するワークショップを開催する。
(3) 鳥類保存細胞の持続的活用法保存した細胞の将来に向けた持続的利用法は、鳥類細胞保存のネットワークを保持していく意義の点で重要なために、鳥類細胞を用いたバイオテクノロジー応用分野の研究を適宜関連分野の研究者の参画を得て国際ネットワーク参加機関で共同研究を行う。
b. 保存鳥類細胞の利用に関する応用研究
(1) 鳥類保存細胞の持続的活用法鳥類体細胞を利用した研究手法を新規に開発することで、鳥類細胞を資源として位置付ける必要があるため、参画する各国の研究者との共同研究を通じて、すでに開発された鳥類細胞培養系を用いて細胞種毎に選別を行い、基礎分野から医学、薬学分野への応用の可能性を検討する。
(2) 鳥類細胞のバイオテクノロジー分野への応用研究ニワトリをモデルとして鳥類体細胞由来の個体作出法開発のため、始原生殖細胞の核を体細胞核で置換するために細胞融合による手法開発を行って、融合細胞をレシピエント胚へ移植し、生殖巣への取り込みを調べる。
c. 研究推進委員会
(1) 課題実施計画に関する検討課題実施計画の妥当性、有効性に関する検討を行い、必要な場合は指導を行うことによって課題の円滑な実施を促す。
(2) 課題成果に関する検討・評価課題実施成果を検討・評価し、必要があれば次年度に向けた指導を行う。

今年度の研究概要

日本を含めて6ヶ国の研究者の参画を得て、キックオフワークショップを開催すると共に、本研究の枠組みと技術的背景を確認して、共同研究の具体的事例を検討することができた。各国での採材に関する共同研究、検疫体制と技術移転の具体的スケジュール、また今後共同研究体制の中で開発していく新規技術に関しての詳細な検討を行った。更に、各国間で保存していく希少鳥類細胞の所有権に関する諸問題を今後検討し、関係各国内で解決していくこととなった。

備考

本研究は基盤ラボで行っている「環境試料タイムカプセル化事業」と密接に関連しており,そこで開発した研究知見と技術を国際的に標準化して技術移転することで,国際ネットワーク構築を行おうとするものである。

課題代表者

桑名 貴

担当者

  • 川嶋 貴治生物・生態系環境研究センター
  • 今里 栄男