ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

再生製品に対する環境安全評価手法のシステム規格化に基づく安全品質レベルの合理的設定手法に関する研究(平成 17年度)
Studies on Methodology to Set Environmental Safety Quality Level based on Standardization of the Testing System for Secondarily Recycled Products

予算区分
BE 環境-廃棄物処理
研究課題コード
0507BE509
開始/終了年度
2005~2007年
キーワード(日本語)
再生製品, 安全品質, 試験方法, 標準規格化, 持続可能性,
キーワード(英語)
Secondary product, Safety quality level, Testing method, Standardization, Sustainability,

研究概要

再生製品の利用拡大が進まない大きな原因は安全性に対する不安感であり、安全性を科学合理性をもって説明できる評価手法が確立、体系化されていないことによる。また、社会が要求する安全品質レベルを設定するには、国際的にボーダレス化する循環フローの社会への様々な影響を勘案しなければならない。そこで、量的に多い建設資材系の再生製品を対象とした土壌・地下水への溶出リスクに焦点をあて、その性状や多様な利用形態による影響の違いを適切に評価でき、かつ長期的外部環境変化に伴う影響など、目的に応じた複数の試験方法を設計し、実試料を用いた実験的検討等を行って妥当性を検証し、一連の試験群を体系的なシステム規格として提案する。また、一連の試験群から得られるデータを用いた土壌・地下水への影響予測手法を確立し、科学的な不確実性と社会的影響を勘案した合理的な安全品質レベルの決定手法を構築する。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

量的に多い建設資材系の再生製品を対象とした土壌・地下水への溶出リスクに焦点をあて、その性状や多様な利用形態による影響の違いを適切に評価でき、かつ外部環境変化や長期経過に伴う影響など、目的に応じた複数の試験方法を設計し、実試料を用いた実験的検討等を行って妥当性を検証し、一連の試験群を体系的なシステム規格として提案する。具体例としては、粒状・成型状製品について、有害物質の拡散フラックスの評価(拡散試験)、外部環境としての降雨接触条件(液固比依存試験)やpH変化を考慮した評価(pH依存性試験)、想定環境により近い動的評価(カラム試験)などである。また、一連の試験群から得られるデータを用いた土壌・地下水への影響予測手法を確立し、科学的な不確実性と社会的影響を勘案した合理的な安全品質レベルの決定手法を構築する。

今年度の研究概要

再生製品の用途・利用形態、生産・需要動向等を整理し、さらに欧州におけるCPD(建設資材指令:Construction Product Directive)の考え方や欧州規格(CEN)等を参考にしながら、試験群設計のコンセプトや試験適用の目的や役割に応じた試験群で構成される再生製品の土壌・地下水への影響を評価する一連の試験システム規格の枠組みを設計する。さらに、内外のこれまでの知見を踏まえて、それぞれの試験の条件等の基本設計を行う。必要な試料の収集し、詳細設計のために主要パラメータを変化させた実験を一部開始する。土壌・地下水環境への影響に関するシミュレーションモデルとして、考慮すべき現象、パラメータの整理と一セルにおける基礎方程式をつくる。安全品質の要求レベルをパラメータとする循環フロー変化のシナリオと社会的影響要素を整理する。

備考

共同研究:廃棄物学会試験検査法部会

課題代表者

大迫 政浩

  • 資源循環・廃棄物研究センター
  • センター長
  • 工学博士
  • 工学
portrait

担当者

  • 貴田 晶子
  • 崎田 省吾
  • 高橋 史武
  • 鄭 昌煥