ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

多地点同時観測データのデータ処理に関する研究(平成 17年度)
Study on data analysis of environmental data obtained from multipoint simultaneous measuring

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0506AE786
開始/終了年度
2005~2006年
キーワード(日本語)
多地点同時観測, データ解析, 統計的機差較正
キーワード(英語)
MULTIPOINT SIMULTANEOUS MEASURING, DATA ANALYSIS, STATISTICAL CALIBRATION

研究概要

科学技術の進歩に伴って種々の環境計測分野に対して小型・軽量・安価でしかも高性能の観測機器が普及してゆくと考えられ、多数の機器を利用した観測がコスト的にも現実的になって来るであろう。こうした可搬型機器を利用すれば設置場所を選ぶ自由度が飛躍的に大きくなり、観測対象フィールドにおいて望ましい観測点に高密度に多数の機器を配置した多地点同時観測が可能になる。本研究では、こうした多地点同時観測の結果として時々刻々得られる大容量データの効率的な処理システムの開発を目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

多地点に設置した観測機器から時々刻々得られる観測データの処理システムを開発する。まず、多数の観測機器を扱う際に必要なデータの機差較正システムを構築する。また、多数の観測機器からのデータを効率的に管理するネットワークシステム、有限個の観測機器によって、時系列的に変化する観測対象物質の挙動を的確に捉えるための観測装置の最適配置システムを開発する。

今年度の研究概要

17年度は、16年度の地域密着研究において行った大気環境に関する多地点同時観測データを利用して、主に機差較正システムの開発を行う。また、ニューラルネットワーク理論を利用した最適配置について基礎的検討を行う。

課題代表者

須賀 伸介

  • 社会環境システム研究センター
    地域環境影響評価研究室
  • 主任研究員
  • 工学博士
  • 工学
portrait

担当者

  • 内山 政弘