ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

温暖化対策の多面的評価クライテリア設定に関する研究(平成 17年度)
Study on Criteria for Multi-Dimension Evaluation of Climate Policies

予算区分
BA 環境-地球推進 S-3-2
研究課題コード
0406BA354
開始/終了年度
2004~2006年
キーワード(日本語)
温暖化対策,温暖化影響,リスク管理,クライテリア
キーワード(英語)
CLIMATE POLICY,CLIMATE IMPACT,RISK MANAGEMENT,CRITERIA

研究概要

温暖化対策として1997年に採択された京都議定書が、米国の離脱等の困難な状況にある中で、より中長期的な温暖化対策のための指針が求められている。本研究では、このような指針を示すために、中長期的シナリオを作成する。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

今年度:複数のシナリオを作成し、それぞれのシナリオで中長期的クライテリアの可能性を提示、科学的知見への影響について検討する。
来年度:予防原則等の原則を重視した際の中長期的目標へのインプリケーションや、科学的知見の政策への係わり合い方等を検討する。
再来年度:サブテーマの統合を行い、総合的な中長期シナリオを作成する。

今年度の研究概要

複数のシナリオを作成し、それぞれのシナリオで中長期的クライテリアの可能性を提示、科学的知見への影響について検討する。

備考

研究代表者:蟹江憲史(東京工業大学)共同研究機関:京都大学,青山学院大学

課題代表者

亀山 康子

  • 社会環境システム研究センター
  • 副センター長
  • 博士(学術)
  • 政策学,政治学
portrait

担当者

  • 原澤 英夫
  • portrait
    肱岡 靖明社会環境システム研究センター
  • portrait
    高橋 潔社会環境システム研究センター
  • 久保田 泉社会環境システム研究センター