ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

耐久財の適正循環・管理に関する研究(平成 17年度)
A study on the sound material-cycle and management of durables

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0405AE357
開始/終了年度
2004~2005年
キーワード(日本語)
耐久財,電気・電子製品,自動車,建設物,建設資材,リデュース,リユース,物質フロー解析
キーワード(英語)
DURABLES,ELECTRIC AND ELECTRONIC EQUIPMENT,AUTOMOBILE,CONSTRUCTION,BUILDING MATERIALS,WASTE REDUCTION,REUSE,MATERIAL FLOW ANALYSIS(MFA)

研究概要

耐久財はその使用開始から廃棄までに一定の期間を要することから、通常の廃棄物および循環資源と異なり、その適正な管理には長期的な視点が欠かせない。本研究は、こうした耐久財に焦点をあて、電気・電子製品や自動車から家屋、建造物、生産設備などの管理や主要耐久財から発生する循環資源の適正なリサイクル・適正処理の促進のための管理手法とその効果について検討することにより、循環型社会形成に資する知見を提供することを目的とする。検討にあたっては、リサイクルだけでなく、リデュースやリユースなどといった方策にも着目する。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

電気・電子製品、自動車、構造物等の主要耐久財ならびにそれらから発生する循環資源について、その発生量および処理フローを予測・推計するとともに、その国内ならびに国際フローを評価・解析し、適正なリサイクル・適正処理の促進に向けた政策手段等を検討する枠組みを構築する(16年度)。また、これらフローの規定因を把握しながら、フローをコントロールし適正なリサイクル・適正処理を促進につなげる管理手法を検討し、その効果を評価する(17年度)。

今年度の研究概要

製品レベルの物質フロー解析手法の枠組みについて、製品の価値側面などの考慮・精緻化を行い、解析の枠組みの確立を図る。素材のレベルのフロー解析については、前年度までの成果で解析のための基礎データが整備できているので、施策実施による影響など、応用解析を試みる。また、静脈社会におけるこれら製品フローの実態調査と調査誤差を最小化するための推計手法については、前年度に設計された推計手法のアルゴリズムを作成し、電気・電子製品の静脈フローを推計する。

備考

当課題は政策対応型調査・研究1.(2)にも関連

課題代表者

森口 祐一

担当者

  • 橋本 征二
  • portrait
    田崎 智宏資源循環・廃棄物研究センター
  • 藤井 実社会環境システム研究センター
  • 寺園 淳資源循環・廃棄物研究センター
  • 平井 康宏