ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

最終処分場の早期跡地利用を考慮した多機能型覆土の検討(平成 16年度)
Development of multi-functional cover layer to enhance the post-closure use of waste landfill

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
0406BY756
開始/終了年度
2004~2006年
キーワード(日本語)
最終処分場, 覆土, 跡地利用, メタン酸化
キーワード(英語)
WASTE LANDFILL, COVER SOIL LAYER, POST CLOSURE USE, METHANE OXIDATION

研究概要

廃棄物最終処分場の早期跡地利用を実現させるためには、発生ガス対策(排除)や環境への調和が不可欠であり、早期廃止には廃棄物層内の安定化促進を目的とした適切な水分と酸素の供給が必要とされる。両者の実現に向けては、水分と酸素を上部より廃棄物層に供給しながら、廃棄物層より発生するガスを排除しなければならない。この二律背反する課題の達成とともに、構造的な安定性を維持する為には複合的な要素を含んだ多機能型覆土構造の構築が不可欠となる。この多機能型覆土構造として、建設発生土、副産物を使用し、その材料特性を把握するとともに、覆土構造システムを提案することを目的とする。安定化、跡地利用の度合いにしたがい、覆土の機能を変更することが可能となるシステムを構築する。

全体計画

多機能型覆土構造に必要な、材料パラメーターの同定、同定パラメーターを満足する建設発生土、副産物を検索し、組み合わせ、施工現実性のある利用方法の提案、水・ガスフラックスを制御可能な多機能型覆土システムの開発、材料パラメーターである飽和不飽和浸透特性の測定とデータの蓄積、室内土槽実験による多機能型覆土構造の評価、メタン酸可能と高い透気性を有する排気層の選定、浸透圧を考慮した不飽和斜面安定解析と剪断強度データの蓄積、段階施工による各処分場への適用を検討し、施工に関わるライフサイクルコストと維持管理必須項目を取りまとめる。処分場のニーズに合わせ、組み合わせを変えることで柔軟性の高い、多機能型覆土構造を提案し、積極的に情報発信を行っていくことが目標である。

今年度の研究概要

覆土構造に多機能を持たせるために必要な地盤定数パラメーターを数値解析によって同定し、覆土システムとしてのあり方を数値解析的に検討する。また、水・ガスフラックスに関わる材料特性を把握するための要素試験として、飽和不飽和透水・透気試験装置を開発し、水分とガス移動パラメーターの測定を可能とする。強度に対する要素試験となる剪断試験を実施し、構造安定解析のためのデータを蓄積する。さらに、多系列カラム試験器を構築し、材料特性を変えて、メタン酸化能を評価するシステム作りとデータの蓄積を開始する。

備考

共同研究機関:茨城大学,セントラル技研

課題代表者

遠藤 和人

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    循環利用・適正処理処分技術研究室
  • 主任研究員
  • 工学博士
  • 土木工学
portrait

担当者