ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

窒素・リン除去・回収型技術システムの開発に関する研究(平成 16年度)
Study on the development of nitrogen and phosphorus recovery systems

予算区分
AB 政策対応型
研究課題コード
0105AB409
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
液状廃棄物,富栄養化,水環境改善システム,窒素・リン,回収・除去
キーワード(英語)
DOMESTIC AND INDUSTRIAL WASTEWATER,EUTROPHICATION,WATER QUALITY RENOVATION SYSTEM,NITROGEN AND PHOSPHORUS,RECOVERY AND REMOVAL

研究概要

液状廃棄物からの栄養塩類除去が富栄養化防止対策上重要な課題であること、我が国が100%輸入に頼っているリンは枯渇資源であり、将来的には輸入が困難になること等をふまえ、リン除去・回収を可能とし、かつ、窒素除去にも効果的な液状廃棄物のリン資源循環型処理システムの開発を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

単独処理浄化槽の高度化、吸着脱リン法の浄化槽への導入、維持管理システムの高度化等を進めるとともに、リン資源回収のための基盤技術の確立を図る(13年度~14年度)。浄化槽に係わる技術、リン回収資源化技術、適正評価技術の実証研究等を行う(15年度~16年度)。吸着脱リン法等による低濃度から高濃度のリン含有処理水のリン回収資源化技術を開発する。単独、既設浄化槽を高度化し、窒素、リン除去を可能とするための機能強化手法、紫外線による消毒等の維持管理技術を確立する(17年度)。

今年度の研究概要

窒素、リン除去機能を有さない合併処理浄化槽、膜分離活性汚泥法等に吸着脱リンシステムを導入して、実用時のパラメータにおける処理性能、リン吸着担体の持続性の評価およびリン除去・回収型高度処理システムの新規開発のための基盤データの蓄積を図る。さらに、破過吸着担体からのコスト、エネルギーのミニマム化を考慮した効率的なリン回収方法の検討を行い、リン脱離・回収工程を最適に組むための基盤データの蓄積を図る。

備考

共同研究機関:筑波大学応用生物化学系,早稲田大学理工学部,埼玉県環境科学国際センター,(社)茨城県水質保全協会,(財)茨城県科学技術振興財団,(財)日本建築センター

課題代表者

稲森 悠平

担当者