ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

光化学チャンバーを用いた有機エアロゾル生成に関する研究(平成 15年度)
Study on the formation of organic aerosol using aphotochemical reaction chamber

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0305AE520
開始/終了年度
2003~2005年
キーワード(日本語)
光化学酸化過程,有機エアロゾル,光化学チャンバー
キーワード(英語)
PHOTOCHEMICALOXIDATIONPROCESS,ORGANICAEROSOL,PHOTOCHEMICALCHAMBER

研究概要

大気中の炭化水素の光化学酸化過程で生成する二次汚染物質のうち、気体状物質だけでなく、粒子状物質についても実験的に調べることにより、光化学スモッグの化学的変質過程の全体像を明確化することを目的とする。 前課題「光化学エアロゾル生成に関する研究」では、主に人為起源炭化水素である芳香族炭化水素からの光化学エアロゾル生成に関する研究を行った。本研究課題では、これまでに習得した手法を天然炭化水素に適用してエアロゾル生成に関わる反応メカニズムを明らかにする。

全体計画

天然炭化水素の代表として、まず分子構造が簡単なイソプレンからの光化学エアロゾル生成反応機構を研究する(15年度)。次に、より複雑なテルペン類からの光化学エアロゾル生成反応機構を調べる(16年度)。前年度までに調べてきた単独炭化水素系の研究で得られた結果を踏まえ、複合炭化水素系における光化学エアロゾル生成を調べる。炭化水素の「複合効果」の有無について検証を行う(17年度)。

今年度の研究概要

イソプレンからの光化学エアロゾル生成反応機構を光化学チャンバーを用いて研究する。イソプレンの光酸化反応は、OHラジカル、オゾン等幾つかの光化学オキシダントによって開始される連鎖反応が競争して進むという特徴をもつ。どの光化学オキシダントの反応がエアロゾル生成に効くかを明らかにすることがポイントとなる。本年度の研究で得られる知見は、次年度以降により複雑な構造を持つテルペン類の研究へ応用される。

課題代表者

佐藤 圭

  • 地域環境研究センター
    広域大気環境研究室
  • 主任研究員
  • 博士(理学)
  • 化学
portrait