ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

PCBの排出インベントリ作成とその検証(平成 15年度)
Compilation and verification of the emission inventories of PCB

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0304AE546
開始/終了年度
2003~2004年
キーワード(日本語)
排出インベントリ,POPs,発生源解析,マスバランス
キーワード(英語)
EMISSION INVENTORY,POPS,SOURCE APPORTIONMENT,MASS BALANCE

研究概要

POPs条約への加盟をうけ、環境省HCB等インベントリ検討会でPCB, HCBの排出インベントリ作成に向けた検討が進められている。これまでに、発生源に関する文献レビューおよび主要と目される発生源の実測調査によってインベントリの試作が行われており、今後はその包括性や妥当性の検証作業が重要になると考えられる。特に、一つ一つの発生源を積み上げていく方法に加えて、作成したインベントリがどこまで把握出来ているかをトップダウンで推定することが重要である。

全体計画

本研究では、まず排出インベントリから推定される降下物フラックス量や各種環境媒体中濃度を環境挙動モデルにより計算し、環境モニタリングによる実測値と比較する。これにより、排出インベントリの妥当性や未把握の発生源の寄与の程度について検討し、排出インベントリの正確性向上に寄与する。

今年度の研究概要

廃棄物焼却・セメント製造などの各発生源別にPCBの異性体別濃度測定結果を収集・整理し、大気への放出量ならびに大気中濃度を推定する。また、既存インベントリにない発生源として、国外からの移流、過去に放出されたPCBの再循環、保管中PCBからの漏出、を考慮し、これらによる大気中濃度への寄与を推定する。次に、国内での異性体別大気中PCB濃度や降下物フラックス量の測定結果を収集・整理し、さきの大気中濃度推定値と比較する。これにより、既存インベントリでの発生源のカバー率について検討する。また、各発生源ならびに大気中濃度の異性体別測定データに対して主成分解析を適用し、発生源の類型化を行う。

課題代表者

平井 康宏

担当者

  • 滝上 英孝
  • 野馬 幸生
  • 酒井 伸一