ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有明海等における高レベル栄養塩濃度維持機構に関する研究:適正な浅海域管理をめざして(平成 15年度)
Studies on the HNLC formation in Ariake Sea

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0206AF384
開始/終了年度
2002~2006年
キーワード(日本語)
有明海,物質循環,二枚貝,干潟
キーワード(英語)
ARIAKE-KAI,BIBALVES,HNLC,TIDAL FLAT,CARBON FLOW

研究概要

有明海などにおいて、好適な栄養環境を維持するにはどのような環境管理が必要なのかをさまざまな現場実験により明らかにする。

全体計画

有明海での植物プランクトンの増殖速度(平成14~18年度)、二枚貝による植物プランクトン捕食速度(平成14~18年度)、干潟の浄化能力の直接的研究(平成15~18年度)を通じて目的を達成する。

今年度の研究概要

平成14年度と同様の調査、実験を行うとともに、干潟の浄化能力の直接的な検証を試みる。

課題代表者

中村 泰男