ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア太平洋地域における環境イノベーション戦略評価のためのモデル開発とデータベース構築に関する研究(平成 15年度)
Model and database development for assessing the environmental innovation strategies in the Asia-Pacific Region

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
0105BY274
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
アジア太平洋地域,統合評価モデル,持続可能な発展,イノベーション戦略,データ・ベース
キーワード(英語)
ASIA-PACIFIC REGION,INTEGRATED ASSESSMENT MODEL,SUSTAINABLE DEVELOPMENT,INNOVATION STRATEGY,DATABASE

研究概要

アジア・太平洋地域全域にわたり、環境負荷及び環境・資源の現状及び変化を包括的に把握し、環境分野へのイノベーションの導入とその実現のための投資の緊急性を評価することを目的とする。そのために本研究では、今までに開発してきた各種の計算機モデルを基礎として、アジア太平洋全域及び主要国に適用できる新たな統合モデルを開発するとともに、これを用いて各種指標データを計算する。さらに、これらの指標データを体系的に提供するために、環境イノベーションに関する各種背景データと有機的に関連づけた戦略的データ・ベースを構築する。

全体計画

国別簡略モデル(AIM/trend)の開発,各種の個別モデルの主要途上国への適用,42カ国の戦略的データベースの開発,アジア太平洋地域の将来シナリオ,政策オプションの検討(13-14年度)。アジア太平洋地域の環境-経済統合モデルの開発,アジア太平洋地域の戦略的データベースの構築,アジア太平洋地域の環境イノベーションのシナリオ調査,MAに対応するためのエコシステム・モデルの開発(14-15年度)。アジア太平洋地域のイノベーション戦略のデザインとその効果分析(15年度-)。

今年度の研究概要

アジア太平洋地域の環境-経済統合モデル(CGEモデル)を開発するとともに、エコシステムモデルや環境産業モデルを主要途上国に適用する。さらに、環境イノベーション戦略導入のためのシナリオを検討するとともに、42カ国の戦略的データベースのを開発する。

備考


本研究プロジェクトは、環境省「アジア太平洋地域環境イノベーション戦略プロジェクト」の一環として進めており、国立環境環境研究所流域管理研究プロジェクト及び地球環境戦略機関長期展望プロジェクトと連携して、全体のプロジェクトを構成している。

課題代表者

森田 恒幸

担当者

  • 甲斐沼 美紀子
  • 原澤 英夫
  • 日引 聡社会環境システム研究センター
  • portrait
    亀山 康子社会環境システム研究センター
  • 増井 利彦社会環境システム研究センター
  • portrait
    高橋 潔社会環境システム研究センター
  • portrait
    藤野 純一社会環境システム研究センター
  • portrait
    肱岡 靖明社会環境システム研究センター