ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

バイオアッセイによる循環資源・廃棄物の包括モニタリングに関する研究(平成 15年度)
Integrated bioassay monitoring of recycling resources and waste materials

予算区分
AB 政策対応型
研究課題コード
0105AB405
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
循環資源,廃棄物,バイオアッセイ,免疫測定法,Ahレセプター,ダイオキシン類
キーワード(英語)
RECYCLING RESOURCES,WASTE,BIOASSAY,IMMUNOASSAY,AH RECEPTOR,DIOXINS

研究概要

循環資源や廃棄物、土壌、排水、排ガスなどに含有される重金属類やPCBなどの有害物質を、バイオアッセイ法により包括的に、かつ簡易に検出する測定監視手法を開発する。また、ダイオキシン類縁化合物把握にむけたバイオアッセイ手法の適用と未知物質の探索を行うことにより、循環廃棄過程における塩素化ダイオキシン類以外の制御対象物質群候補をスクリーニングする。

全体計画

13年度酵素免疫測定系アッセイ及びAhレセプター結合細胞系アッセイの導入と前処理系を含めた試験システムの開発に着手する。14年度前処理系を検討しつつ、焼却飛灰や廃PCBに対してバイオアッセイ適用を図る。15~16年度 蛍光検出法や固定膜担持法等を用いた酵素免疫系アッセイの高度化を検討する。 試料マトリックスに応じた前処理系を、簡易分析法を念頭におき開発する。17年度Ahレセプター結合細胞系アッセイを用いたダイオキシン当量における未知成分を焼却排ガス等に対して同定し、循環資源や廃棄物管理に適したバイオアッセイ手法を提示する。

今年度の研究概要

バイオアッセイバッテリーについては、バッテリー選択やスコアリングについて検討を加え、包括的な毒性評価に最適な運用システムを提案するとともに、処理対策に結びつく知見獲得を目指す。ダイオキシン類縁化合物検出アッセイについては、廃棄物や汚染土壌、底質などの媒体別に段階的な分画を行って幅広いデータ蓄積を図り、未知活性物質検索を継続するともに、酵素免疫系アッセイ法を併用した簡易モニタリング手法への展開を図る。

課題代表者

酒井 伸一

担当者