ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

トランスジェニックマウスを用いた環境発がんにおける酸化的ストレスの関与の解明(平成 15年度)
Elucidation of involvement of oxidative stress by the use of transgenic mice in environmentally- induced carcinogenesis

予算区分
CA 文科-原子力
研究課題コード
9903CA068
開始/終了年度
1999~2003年
キーワード(日本語)
環境発がん,酸化的ストレス,トランスジェニックマウス
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL CARCINOGENESIS,OXIDATIVE STRESS,TRANSGENIC MICE

研究概要

一般環境中ではヒトは放射線などの物理的因子と多種類の有害化学物質に曝露されており、ヒトがんの原因として環境発がんが問題となっている。そこで、本研究では、酸化的ストレスの除去に関与するタンパク質を過剰発現あるいは欠損したトランスジェニックマウスを用いて、放射線発がんおよび化学発がん感受性要因としての酸化的ストレスの重要性を明らかにし、その影響評価のための基礎的知見を得ることを目的とする。

全体計画

X線や化学発がん物質による腫瘍の発生およびDNA損傷を、酸化的ストレス防御タンパク質の過剰発現あるいは欠損トランスジェニックを用いて比較検討する(11年度~15年度)。X線照射または化学発がん物質投与によるがん関連遺伝子の発現あるいは突然変異について、トランスジェニックマウスを用いて比較検討する(11年度~15年度)。放射線発がんおよび化学発がんに対する感受性要因としての酸化的ストレスの関与を総合評価する(15年度)。

今年度の研究概要

放射線発がんおよび化学発がんに対する感受性要因としての酸化的ストレスの関与を総合評価する。

備考

共同研究者:佐藤雅彦(岐阜薬科大学)

課題代表者

遠山 千春